Work out(筋トレ)

【筋トレ】ジムに通うメリットとデメリット

 

家で筋トレを行っている方は、ジムに行くことに少し抵抗があると思います。

 

なんとなくジムに行った方が良いのは分かっているけど、何が良いか分かっている方は少ないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ジムに通うメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

 

メリット

 

1.器具が豊富

 

先ず、器具が豊富だと言うことです。

 

誰しもが何となく分かると思いますが、ダンベル・バーベル・マシン等は大体のジムにはあるのではないでしょうか。

 

これ等があるだけでも、筋トレの種類を工夫して色々な方法が出来るので、楽しく筋トレを行うことができ、飽きにくくはなると思います。

 

また、有酸素運動のマシンもある所が多いので、筋トレの後に行い、脂肪燃焼も行うことが出来ると思います。

 

2.清潔

 

次に、常に清潔だと言うことです。

 

筋トレを行うと汗をかいたりするので綺麗にする為に掃除しなければいけませんが、ジムで行えば、綺麗に扱うのは当然としてのマナーですが、掃除自体はジムの従業員の方が行ってくれているので、常に清潔な環境で筋トレを行うことが出来ます。

 

このようなひと手間だけでも筋トレを気持ちよく行うことが出来るのか、また手間が省かれることで筋トレを継続していけるかに関わってくるので大切なことです。

 

3.筋トレの情報

 

最後に筋トレの情報です。

 

パーソナルまでいかなくても、ジムに通っている会員の方やジムのトレーナーの方に聞く筋トレの情報は身近で聞くことが出来るのでとても貴重です。

 

1人で行っているとネットでしか聞く機会がなかったりするので、なかなか正しい筋トレを行えない可能性もあります。

 

1人1人が真剣に筋トレを行っている方の集まりなら尚、正しい筋トレの情報を聞くことが出来るでしょう。

 

デメリット

 

1.会費

 

最初に、会費です。

 

一般的には1万円前後くらいでしょうか。ジムによって曜日指定や時間指定によって金額が安くなるところはありますが、少なからずお金はかかります。

 

その費用は毎月固定的に出ていくので、しっかり通う方にはあまり高くないですが、月に数回しか通わないとなると高いですよね。

 

そこら辺はしっかりと自分の生活スタイルと照らし合わせていきましょう。

 

2.通う手間

 

次に、通う手間です。

 

近いにしても、家で行うのよりは手間になってしまいますよね。家でなら行えるのに、ジムに行くのは面倒だなという日もあるかと思います。家の中にも筋トレを行える方は良いですが、無い方はそれだけで一回筋トレを行う機会を逃すという違いが出来てしまいます。

 

このように、通う手間というのは意外と軽視できないと思います。

 

もし、通う場合には出来る限り近くにしたり、色々な所にジムがありどこにでもいけるような契約にするのも手かと思います。

 

3.時間

 

最後に、時間です。

 

上で述べた、「通う手間」を含めて基本的には時間がかかってくることは想定できるかと思います。

ですから、学生や社会人の場合時間が取れない方は、休む時間なども含めて考えていく必要があるかと思います。

健康になる為に、ジムで筋トレを楽しんでいたら、疲れてしまい仕事や勉強に支障をきたすようでは元も子もないですからね。

 

まとめ

 

このように、メリットやデメリットは詳細なことを考えればもっとあるかと思います。

ですが、最終的には総合的に考えるしかないので、家で行うのかジムで行うのかは、個人によって最善の選択は異なると思います。

自宅にバーベルなどの大きな筋トレ器具を置くことが出来る方はそれもまたありですが、置けない方は、続けていると限界がくるかもしれません。

それまでは、自宅で行っていて様子を見た後、慣れてきたらジムに通ってみるというのもありかもしれません。

また、ジムでも体験や、パーソナルと言って、トレーナーの方が筋トレを教えてくれるものもあるので、利用してみるのも良いかもしれません。

バーベル等を利用して教えて頂けるところもあるので、疑似的に体験することが出来ると思います。

 

では、良い筋トレライフを♪

ご視聴ありがとうございました(*'ω'*)

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog