Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

FPにおける会計の知識の覚え方【3選】

 

 

ますたん
FPの勉強においても会計の知識が必要になります♪

 

基礎的な部分ではありますがしっかり押さえていくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、他の分野と同様に基礎的な論点を効率的に押さえ、難しい部分は捨てることも必要と言えます。

 

1.FPにおける会計の知識とは

FPにおける会計の知識とは

 

FPでは、『財務諸表』や財務諸表分析等も出題されます♪
ますたん

 

会計の基礎的な知識のない方にとっては、理解しがたい内容といえるでしょう。

 

逆に会計を勉強したことがある方にとっては簡単に感じるかもしれません。

 

難しい部分もありますが、難しいところを解くのではなく簡単なところを落とさないように気を付けていくことが重要です。

 

2.タックスプランニング

タックスプランニング

 

ますたん
FP ではタックスプランニングが出題されます♪

 

この分野は会計と関連性を持って考えられるため、無視はできません。

 

・所得税
・消費税
・法人税
・住民税
・事業税

 

他にも様々な税金が登場しますが、内容は基礎的なものばかりです。

 

提出期限や申請期限等、決まっている形式的な部分に関してはしっかり押さえていきましょう♪
ますたん

 

3.FPにおける会計の知識の覚え方【3選】

FPにおける会計の知識の覚え方【3選】

 

FPにおける会計の知識の覚え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.目的を把握

目的を把握

 

先ずは、目的を把握です

 

ますたん
会計の目的は会社に関係している方々へ会社の会計情報を報告することと言えます♪

 

例えば、株主は会社の経営状態を通じた株価変動に興味があります。債権者は債権回収ができる状況にあるか判断するため会計情報を知っていなければいけないのです。

 

このように会社に関係している方々は会計情報を必要としています。

 

この目的達成の為作成された『財務諸表』を基に分析を行うのが財務諸表分析です。

 

3-2.分類

分類

 

次に、分類です

 

会計はあくまでも事実を分類しているに過ぎません♪
ますたん

 

つまり大半のことが過去の情報であり、記録してあるものを正確に残して、分類しているのです。

 

・流動資産と固定資産

・流動負債と固定負債

 

このように分類が分からなければ解けないと言えます。

 

ますたん
簿記の資格ではありませんので、細かく知る必要はないかもしれませんが、ある程度はわかっておきましょう♪

 

3-3.過去問を解く

過去問を解く

 

最後に、過去問を解くです

 

過去問は今までの出題傾向を知ることができます。

 

過去問を分析して出題傾向を読み取りましょう♪
ますたん

 

解けることを優先し、とりあえず解ける状態にまで持っていくことです。

 

その上で余裕があれば理解していけば確実と言えます。

 

結論:細かいものは捨てる

 

FPにおける会計の知識の覚え方【3選】

・目的を把握

・分類

・過去問を解く

 

会計を勉強している方から見ても、考えてしまう出題もたまにあります。

 

ますたん
つまり勉強してなければ解けるはずはなく、それよりも他の解答から◯×を読み解いていくしかありません♪

 

他の問題が簡単かもしれないのであまり構わず着実に進めていきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog