(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【日商】簿記2級でおすすめの勉強法【3選】

 

 

ますたん
一般的に簿記2級は求人に掲載される簿記の資格の基準になります♪

 

簿記を問題なく理解していると相手に安心を与えるためには2級程度が必要でしょう。

 

結論

結論から言えば、合格するためには理解は程々にして、解けるように意識していくことが大切です。

 

1.簿記2級とは

簿記2級とは

 

『簿記』と言われる場合、日本商工会議所が主催している日商である可能性が高いです。

 

全経や全商と異なり、出題内容が様々で点数がとりづらい傾向にあります♪
ますたん

 

真面目に1つずつ勉強している方にとって、合格点に至るまでは長期的な戦いになることは否めません。

 

ある程度のところで区切りをつけて、点数を意識した行動を取る必要があります。

 

2.3級と2級のレベル

3級と2級のレベル

 

3級の勉強も初学者にとってはかなりとっつきづらい視覚かもしれません。

 

ですが、2級の場合には初心者から中級者に差し掛かり、専門的な内容が増してきます。

 

専門的な内容が増すことで現実とは異なる取引が多く、イメージがつきづらいかもしれません。

 

ますたん
しっかり何が行われているのかを意識して勉強していきましょう♪

 

3.簿記2級でおすすめの勉強法【3選】

簿記2級でおすすめの勉強法【3選】

 

簿記2級でおすすめの勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.仕訳を暗記

仕訳を暗記

 

先ずは、仕訳を暗記です

 

2級の仕訳は似たようなものが多いと言えます♪
ますたん

 

金額と勘定科目に分解して考えた場合、問題から勘定科目を想像するのは容易です。

 

ですが、金額に関しては電卓を叩かなければいけないことが多く、誤ってしまうこともあります。

 

冷静に電卓を叩けるようにするためには、勘定科目による邪念を排除していかなければいけないのです。

 

ますたん
何度も見ているうちに自然と頭に浮かぶようになるので、反復していきましょう♪

 

3-2.工業簿記をマスター

工業簿記をマスター

 

次に、工業簿記をマスターです

 

工業簿記は3級には見られなかったもので、商品を作る際に利用します。

 

工業簿記に関しては好きな人と嫌いな人が大きく分かれることが多いです。

 

つまり工業簿記を好きなだけで大きなアドバンテージになるでしょう♪
ますたん

 

日商簿記2級を合格する段階で工業簿記の内容を正確に理解している方はおそらく少ないと言えます。

 

ますたん
理解は後から追いつかせるとしてとりあえず解けるようにしましょう♪

 

3-3.明確な分類

明確な分類

 

最後に、明確な分類です

 

簿記は記録であり、何より分類していくことが必要になります♪
ますたん

 

つまり商業簿記てあっても工業簿記であってもそれが何なのか哲学的に考えていくことが大切です。

 

その際に、自分の頭でずっと考えるのではなく、ある程度考えたら調べてみることと言えます。

 

現金は恐らくお金と想像することが多いですが、実際には明確に何が現金になるのかが決まっているのです。

 

ますたん
つまり自分で考えすぎる前に調べてしまえば答えを直ぐに理解できます♪

 

結論:過去問を反復継続

 

簿記2級でおすすめの勉強法【3選】

・仕訳を暗記

・工業簿記をマスター

・明確な分類

 

細かく何を行えば良いのか分からず、面倒な方は過去問だけを解いていきましょう♪
ますたん

 

正直それだけでも合格することができます。

 

ますたん
簿記に必要なのは丁寧に一つ一つを見ていく能力と言えるでしょう♪

 

焦らず目の前の文章を読んでいくことが重要です。

 

でも今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog