Think(考える)

FP3級の勉強を効率的にこなすコツ【3選】

 

 

ますたん
FP3級は社会人が生活していくにあたり、とても大切な知識が獲得できます♪

 

金融関係等に関わらず、誰しもが理解しておいた方が良い知識と言えるでしょう。

 

結論

結論から言えば、FP3級は勉強の幅としてはとても広いので効率的にこなしていく必要があるのです。

 

1.FP3級とは

 

FP3級は学科試験と実技試験に分かれており、どちらも6割取得出来れば合格できます。

 

6割は絶対的な試験からすれば合格点としては、決して高くはありません♪
ますたん

 

ですが、多種多様な知識を必要とするFPからすれば、簡単に取れるわけではないのです。

 

シッカリ対策をしていくことで改善していけます。

 

2.FP3級の特徴

 

ますたん
FP3級の特徴としては、生活していくうえで必要な公的な知識の基礎的な部分が出題されます♪

 

具体的には、ライフプランニングや税金、不動産、経済、リスクプランニング、相続です。

 

これらは、専門分野でありながら誰しもに関わってくる知識であり、必ず押さえておくべきと言えます。

 

FP3級はその中でも基礎的な部分が問われるので、基礎としてとても大切なのです。

 

3.FP3級の勉強を効率的にこなすコツ【3選】

 

FP3級の勉強を効率的にこなすコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.個別の論点

 

先ずは、個別の論点です

 

FP3級では前述した通り、個別の大きな論点の括りがあります♪
ますたん

 

これ等を的確に把握して捉えることがコツです。

 

FP3級ではどのような勉強をしていくのか、今何の勉強をしているのかを把握することができるようになります。

 

個別の論点に区切っていくことはFP3級の勉強を着実に進める上でのコツの1つと言えるでしょう。

 

3-2.体系的な理解

 

次に、体系的な理解です

 

個別の論点を把握しているだけでは知識を忘れてしまうことも多いので、体系的な理解が必要と言えます。

 

ますたん
体系的に理解していれば、分からなくなった場合にも思い出すことができるでしょう♪

 

例えば、リスクマネジメントとして年金の勉強をしていながら、税金の分野である年金の所得区分について理解していくなどです。

 

体系的に理解した知識は頭に定着する可能性が高まります。

 

3-3.出題頻度

 

最後に、出題頻度です

 

やはり試験を受ける場合に、出題頻度は見逃せません♪
ますたん

 

どの分野のどの論点が出題されているのかを把握すれば、効率の良い勉強が可能です。

 

ますたん
なぜなら、論点ごとに優劣がつけられるからと言えます♪

 

優劣をつけた勉強をしていれば、勉強にメリハリをつけることができるのです。

 

結論:徹底的にこなす

 

FP3級の勉強を効率的にこなすコツ【3選】

・個別の論点

・体系的な理解

・出題頻度

 

効率は必ず重視していく必要はありますが、徹底的にこなすことも大切です。

 

FP3級は基礎的な部分が詰まっているので、後の勉強に大きな影響を及ぼすからと言えます♪
ますたん

 

ひとつひとつ丁寧に理解していく必要があるでしょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog