Accounting(会計)

監査論の勉強を効率的に行うべき暗記の種類【3選】

 

 

監査論の勉強を効率的に行うためには暗記が必須です。

 

ますたん
中でも一概に暗記と括るのではなく、暗記の種類について考えていく必要があります♪

 

また暗記と共に理解を伴っていけば、より正確な勉強にして行くことができます。

 

結論

結論から言えば、暗記の種類を把握してそれぞれの知識を体系づけていくことで、知恵として試験に活かしていくことが可能です。

 

1.監査論の暗記

監査論の暗記

 

監査論は監査人の心情の程度など、非常に理解しづらい部分もあります。

 

あくまでも相対的な勉強が必要です♪
ますたん

 

そういった意味では理解を重視しなければならないと考える方も多いでしょう。

 

ただし、暗記していなくては解けない問題もあるので、線引きするのではなく総合的に勉強していく必要があるのです。

 

2.暗記だけでは乗り切れない

暗記だけでは乗り切れない

 

実際暗記はとても重要な位置づけにあります。

 

ますたん
それでも暗記だけでは乗り切れません♪

 

なぜなら、暗記していることを活用する問題も出題されるからです。

 

その場合には、しっかりと理解を伴っていなければいけないでしょう♪
ますたん

 

3.監査論の勉強を効率的に行うべき暗記の種類【3選】

監査論の勉強を効率的に行うべき暗記の種類【3選】

 

監査論の勉強を効率的に行うべき暗記の種類【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ピックアップ

ピックアップ

 

先ずは、ピックアップです

 

はじめは完璧にすべて暗記しようと思うのはやめた方が良いでしょう。

 

ますたん
なぜなら、狭く深い暗記になりがちだからです♪

 

確かに最終的には大切な知識を忘れてはいけません。

 

ですが、勉強時間があまりない場合には覚えている量が圧倒的に少なくなってしまうかもしれないのです。

 

3-2.グループ

グループ

 

次に、グループです

 

いくつか似ている論点を誤らないようにまとめて暗記してしまいましょう♪
ますたん

 

論点を跨って覚える場合にも便利な方法です。

 

試験ではこのような論点にまたがって引っ掛けやすいような問題が出題されます。

 

試験で間違った回答をしないためにも、必要な暗記です。

 

3-3.表現

表現

 

最後に、表現です

 

監査論は一般的と専門的が相まって、余計理解しづらい時もあります。

 

ますたん
専門用語など、通常では使わない表現を積極的に覚えていきましょう♪

 

また、報告書などは監査を行ったものの報告であり、独特の表現があります。

 

知らなければ間違いなく答えられないので、知らないをなくすように表現を勉強していくのが大切です。

 

結論:種類を意識した暗記が必須

 

監査論の勉強を効率的に行うべき暗記の種類【3選】

・ピックアップ

・グループ

・表現

 

ただただ一つ一つ暗記していくだけでは飽きてしまいますし、知識として定着しないこともあります。

 

忘却を予防するためには、多角的な視点から暗記していく必要があるでしょう♪
ますたん

 

種類を意識した暗記が大きな役割を担います。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog