Think(考える)

税理士への依頼料を削減する方法【3選】

 

 

ますたん
会計、税金を勉強したことの無い方にとって、経理業務などは難しく感じることが多いです♪

 

そんな時に税理士へ依頼を行う経営を効率化していくことにも繋がりますが、いくつか注意すべきところがあります。

 

結論

結論から言えば、税理士への依頼料削減は相場との比較の上、柔軟性のある方なのか、経営に対してアドバイスをしてくれているかまで考えていきましょう。

 

1.税理士への依頼について

 

税理士への依頼を行うことで、経営を効率化していくことが出来ます。

 

税金の申告や適切な会計処理等、業務内容は多岐にわたるのです♪
ますたん

 

依頼料はとても有用な出費であり、あまり高いと感じることはないかもしれません。

 

ですが、それはあくまでもサービスとの比較ですから、サービスが悪ければ依頼料を削減できないかと考えるのは普通です。

 

2.税理士と会社の連携

 

税理士と会社は連携して経理業務などを行っていくとスムーズに進めていけます。

 

ますたん
誤った処理を事前に防ぐことで虚偽の申告を行わずに済むのです♪

 

適切な会計処理を行っていけば、利害関係者へ信頼性を与えていくことが出来ます。

 

現代経済では信用性のある会社が有利に経営を進めていけますので、数字でシッカリと理解して貰えるように適切な会計処理を行っていく必要があるのです。

 

3.税理士への依頼料を削減する方法【3選】

 

税理士への依頼料を削減する方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.今の税理士に交渉

 

先ずは、今の税理士に交渉です

 

一番手っ取り早いのは今の税理士との交渉を行うことで、依頼料を下げて貰える方法と言えます。

 

税理士との相性が良いのにも関わらずサービスに満足していない場合や依頼料を削減したい場合等には相談してみましょう♪
ますたん

 

いらないサービスを省くことで依頼料を下げることが出来るかもしれません。

 

基本的には顧問になって貰っている税理士が一番自社について把握している為、あまりコロコロ変えることはおすすめしないです。

 

3-2.税理士を紹介してもらう

 

次に、税理士を紹介してもらうです

 

仲の良い経営者の方等が良い税理士を知っていることも考えられます。

 

ますたん
聞いてみることで紹介して貰えることも有るでしょう♪

 

あてがない場合には、こちらの税理士紹介サイトを利用すれば自身の要望に合っている税理士を紹介して貰えます↓↓↓

 

 

直接探す良さもありますが、何を基準に探したらよいのか分からない場合には間に入って貰って紹介して貰う方が安心できるでしょう。

 

3-3.自身で行う

 

最後に、自身で行うです

 

法人を経営している場合等は自身で管理していくには限界がありますし、税理士に依頼していくことが大切と言えます。

 

ですが、優秀な経理担当が居る場合や、消費税が非課税である等、個人事業主で小規模で行っている場合等では、自身で行うことも可能です♪
ますたん

 

会計システムを利用していけば、簿記の知識が無くても取引項目を入力すれば仕訳が行えてしまいます。

 

ですが実際には取引の内容から仕訳を行う必要がありますので、仕訳などが間違っている場合に気付ける程度の知識を持っていることは必要です。

 

自身で行う場合にはこちらのサイトが有名と言えます↓↓↓

 

結論:費用と便益を比較考慮

 

税理士への依頼料を削減する方法【3選】

・今の税理士に交渉

・税理士を紹介してもらう

・自身で行う

 

現在かかっている費用と税理士にの方から受けているサービスを関係性まで含めて考えていきましょう。

 

ますたん
それでも高いと考えられる場合には、依頼料を削減するように努める必要があります♪

 

一定程度の規模の会社の場合には税理士の協力が必要不可欠ですので注意していきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog