Accounting(会計)

【個人事業主】税理士に確定申告を依頼する際の費用や料金相場について知っておきたいこと【3選】

 

 

ますたん
個人事業主が所得税の確定申告をする必要があります♪

 

所得税の申告を済ませれば住民税は納付するだけで済みますし、的確に申告しておくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、専門知識が無い場合には確定申告を行うのに手間と時間を要するので、事業に影響を及ぼすことが考えられます。自身に合った税理士を見付けていけば、安心して任せることが可能です。

 

1.個人事業主における確定申告

個人事業主における確定申告

 

会社員の場合には所得税は会社が預かり代わりに納付してくれています♪
ますたん

 

ですが、個人事業主の場合には自身で確定申告を行って納付しなければいけません。

 

税金は公共サービスに利用されるので、テキトーに計算して納付することは許されません。

 

各人が適切に計算して納付する必要があり、その場合には以下の会計システムを利用していくのが重要です。

 

その場合には以下の会計システムがおすすめと言えます↓↓↓

 

会計のプロが教える!確定申告もできる個人事業主におすすめのクラウド会計【3選】

続きを見る

 

2.確定申告の費用

確定申告の費用

 

ますたん
確定申告を依頼する際の費用は一概には言えません♪

 

ですが、1年間の売上が500万円を基準に考えられることが多く、500万円以下の場合には3~5万円以下と考えられます。

 

確定申告を行うなう為には日々の会計処理より帳簿に記帳して、帳簿に基づき決算書を作成する必要があるのです。

 

この帳簿の作成業務を自分で行うのか、顧問契約していくのか、税理士に相談していく必要があります。

 

『税理士ドットコム』で自分にあった税理士を見付けていけば間違いないです↓↓↓

 

3.税理士に確定申告を依頼する際の費用や料金相場について知っておきたいこと【3選】

税理士に確定申告を依頼する際の費用や料金相場について知っておきたいこと【3選】

 

 

税理士に確定申告を依頼する際の費用や料金相場について知っておきたいこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.売り上げと連動

売り上げと連動

 

先ずは、売上と連動です

 

依頼を行う際の費用は固定ではなく、売上と連動していることが多いと言えます。

 

年商がいくらなのかに応じて金額が異なるので、把握しておくことが大切です。

 

売上に応じて費用がかかる形式ですと、売上が少ない段階では少ない費用で済みます。

 

税理士事務所と顧客が共に成長している形式です♪
ますたん

 

ですが、売上が増えれば費用も増えるので一定の注意は必要と言えます。

 

3-2.業務範囲

業務範囲

 

次に、業務範囲です

 

税理士に確定申告を依頼する際には、金額と共にどこまでの業務が範囲であるか確認しておく必要があります。

 

ますたん
確定申告だけなのか、帳簿の作成も含まれているのか確認しておきましょう♪

 

税理士は出来る限り同じ人に見てもらってたほうが、説明が省けて効率が良くなります。

 

顧問になったらいくら位かかるのかも大切です。

 

3-3.人間性

人間性

 

最後に、人間性です

 

税理士も人間ですから、付き合いをしていけるのか確認しておきましょう♪
ますたん

 

人間性のある方なのか合理的経済人のように利己的な方なのかチェックが必要です。

 

ますたん
税理士は経営相談を行っている場合も多いと言えます♪

 

経営のパートナーにも成りうるので、人として尊敬できる方を選択すると良いでしょう。

 

結論:費用対効果

 

税理士に確定申告を依頼する際の費用や料金相場について知っておきたいこと【3選】

・売り上げと連動

・業務範囲

・人間性

 

費用がいくらかはサービスとの比較によります。

 

他の商品と同様にお金がいくらかかるのかとサービスの質が大切です♪
ますたん

 

税理士のサービスは自分に合っている人なのかがとても重要であり、節税などにより結果として依頼した方が安くなることも有ります。

 

 

では今回は以上です。

ご視聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, , ,

© 2022 masutannblog