Work out(筋トレ)

筋トレを休むのが怖い人が知っておくべきこと【3選】

 

 

ますたん
筋トレを行って難しいことのひとつに「休み」があります♪

 

休むことが怖くなって休めなくなる方もいるでしょう。

 

結論

結論から言えば、休むのが怖くなるくらい鍛えている方、休んだ方が良いか悩んだら積極的に休むべきでしょう。

 

1.筋トレを休むのが怖いとは

筋トレを休むのが怖いとは

 

ますたん
筋トレを行っていると、筋肉をつけるために頻度をあげたくなります♪

 

ストイックな方は、そこからどんどん自分を追い込んでいくのです。

 

気付けば、その「休み」をとることが怖くなってしまいます。

 

そうすると、精神的身体的に良くない状況になりかねないのです。

 

2.なぜ休むのが怖いのか

なぜ休むのが怖いのか

 

ますたん
筋トレを休むのが怖いのにも理由があります♪

 

基本的には、理由は1つで「筋肉が落ちる」からです。

 

そこから以下のことが頭をよぎるのです

・挙げる重量・回数が落ちる

・スタイルが悪くなる

 

ですから、初心者の頃こそ休むのが怖いのです。

 

3.筋トレを休むのが怖い人が知っておくべきこと【3選】

筋トレを休むのが怖い人が知っておくべきこと【3選】

 

筋トレを休むのが怖い人が知っておくべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.記憶

記憶

 

先ずは、記憶です

 

記憶という概念がある限り、そう簡単に筋肉は落ちません。

 

このような記憶です

・筋トレのノウハウ

・マッスルメモリー

 

自分の経験であったり、筋肉の記憶がある限り大丈夫です。

 

ますたん
もし、落ちたとしても基本的には誤差です♪

 

あまり気にする必要はありません。

 

筋トレで扱える重量が落ちても気にする必要がない理由【3選】

続きを見る

 

3-2.強くなる可能性

強くなる可能性

 

次に、強くなる可能性です

 

落ちて弱くなってしまうと思いがちですが、追い込んでから数日は寧ろ強化されるかもしれません。

 

筋肉痛なのにさらに追い込んだりしてしまうと、回復が追い付かない可能性もあります。

 

頻繁に筋トレしてるし、追い込んでいるのに強化されない時には、休みを取り入れましょう。

 

ますたん
個人的には、休みを多くして急激に成長しました♪

 

3-3.長期的視点

長期的視点

 

最後に、長期的視点です

 

長期的に見たときに、考えるくらいなら休む方が良いです。

 

以下のようなことも考えられるからです

・ケガをする

・モチベーションが下がる

 

長期的に見れば、ケガやモチベーションの方が遥かに大切です。

 

ますたん
継続は力なりを忘れずに行きましょう♪

 

数日くらいなら休んでも何も問題なし

 

筋トレを休むのが怖い人が知っておくべきこと【3選】

・記憶

・強くなる可能性

・長期的視点

 

休む時に休んだ罪悪感を感じるかもしれません。

 

ますたん
確かに数字で見たら、少しは落ちるかも知れません♪

 

ですが、それよりゆっくり休むことのほうが遥かに大切なので、割り切りましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog