Think(考える)

ビジネスにおいて考える力を身に着けるためにするべきこと【3選】

 

 

ますたん
あなたは考える力を身に着けていますか?

 

ビジネスにおいては考える力が必須スキルです。

 

結論

結論から言えば、そのような時間を日頃から設けて実際に考えていくことで、徐々に考える力が身についてくるのです。

 

1.ビジネスにおける考える力とは

ビジネスにおける考える力とは

 

ビジネスにおける考える力は、試験が出来ることとは違います。

 

ますたん
なぜなら、基本的に正解が決まっていないからです♪

 

この哲学的な考える力が無ければ、創造することは不可能です。

 

イノベーションと言えるような新たな発想が生まれてくることはないでしょう。

 

2.考える力が無いとどうなるのか

考える力が無いとどうなるのか

 

勉強もせずに考える力もなければ、何も知らないのでなかなか発言すらできないです。

 

ますたん
また、勉強していても考える力が無ければ、教科書通りの説明しかできません♪

 

ですから、勉強したことを活かして実際に実務に役立てる必要があるのです。

 

その繰り返しで実際に考える力が身に付き、イノベーション的発想が出てくるようになると考えられます。

 

3.ビジネスにおいて考える力を身に着けるためにするべきこと【3選】

ビジネスにおいて考える力を身に着けるためにするべきこと【3選】

 

ビジネスにおいて考える力を身に着けるためにするべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ロジカルに考える

ロジカルに考える

 

先ずは、ロジカルに考えることです

 

基本的に、考えるくせがついていない人は漠然と考えてしまい、悩んでいる状態になってしまいます。

 

ますたん
ですから、紙に書いてひとつひとつ組み立てるように考えていきましょう♪

 

この作業は一見すると面倒ですが、頭が整理されます。

 

そうすることで、やらない方が面倒な状態になりがちなのです。

 

3-2.マーケットイン

マーケットイン

 

次に、マーケットインです

 

需要をイシューとして考えていくことで、何を考えれば良いのかがはっきりします。

 

ますたん
最終的には消費者が何を求めているのかがすべてです♪

 

そこは、潜在的ニーズも含めて考えていく必要があります。

 

ですが、悩んだら需要はどのようなものだったか思い返してみましょう。

 

イシュ―を勉強や仕事に取り入れると効率が格段に上がる【issue】

続きを見る

【思考】プロダクトアウトとマーケットインの違い

続きを見る

3-3.未来を予想

未来を予想

 

最後に、未来を予想することです

 

未来は誰にも分かりません。

 

ますたん
勉強していることは、すべて過去のことであることを把握しましょう♪

 

ですから、過去の傾向から未来を予想して、どのようになるのかするのかを考える必要があります。

 

実際には勉強が得意でも、活かして未来を予想することは難しいです。

 

ですが、その哲学的に思える宗教のような発想のほうが重要なこともあるのです。

 

答えの無い問いと向き合いましょう

 

ビジネスにおいて考える力を身に着けるためにするべきこと【3選】

・ロジカルに考える

・マーケットイン

・未来を予想すること

 

ますたん
このように、考えることは意外と難しいことが多いです♪

 

勉強が得意な方でも、答えの無い問いは苦手な方も多いでしょう。

 

ですから、今までの発想を活かして冷静に分析する必要があります。

 

基本的なマニュアルはあっても、大切なことは誰も教えてくれないのです。

 

是非、実際に考える時間をつくっていきましょう

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog