Work out(筋トレ)

筋トレで疲れる時の改善策【3選】

 

 

ますたん
筋トレは継続することで筋肉がついてきます♪

 

そんな時に筋トレで疲れてしまい継続的できないと、筋肉をつけていけません。

 

結論から言えば、無理なく少しずつの継続が大きな結果となって返ってくるのです。

 

1.筋トレで疲れる状況

筋トレで疲れる状況

 

筋トレは楽しいことも多いですが、基本的には大変な運動です。

 

筋肉を傷めつけて強化していくわけですから、普通に考えてもそれは分かるでしょう♪
ますたん

 

あの大変な運動を体験してしまうと、想像で敬遠しがちになってしまいます。

 

筋トレのやる気が奪われて、疲れてしまう状況になりがちです。

 

2.筋トレは疲れる

筋トレは疲れる

 

日頃から仕事や勉強、家事を含めてやらなければいけないことが沢山あります。

 

ますたん
体力が無くなり精神的にも疲弊している方が多いでしょう♪

 

そんな中、筋トレをすることは容易ではありません。

 

頑張っている方程やる気がでないのは当然です♪
ますたん

 

ですが、その中でも筋トレをしている方がいるのもまた事実と言えます。

 

筋トレを疲れ無くする為にはどうしたら良いのか、また疲れている時に筋トレする為にはどうしたら良いのか、改善策を講じていく必要があるのです。

 

3.筋トレで疲れる時の改善策【3選】

筋トレで疲れる時の改善策【3選】

 

筋トレで疲れる時の改善策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ストレッチ

ストレッチ

 

先ずは、ストレッチです

 

運動前に筋肉を軽くストレッチで伸ばして動かしやすくしておきます。

 

ますたん
そうすれば怪我をすることなく、有意義に筋トレを行うことができるでしょう♪

 

そして、筋トレ後においてもストレッチを行う必要があります。

 

こわばってしまう筋肉を解してゆっくり休息をとることで、疲れを防ぎ次の筋トレに繋いでいくことができるはずです。

 

3-2.高重量×低回数

高重量×低回数

 

次に、高重量×低回数です

 

筋肥大には高重量×低回数で行う必要があると言われることも多いと言えます。

 

ですが、それ以前に低重量×高回数では負荷が軽いので長時間しなければいけなくなるのです♪
ますたん

 

長時間の筋トレが出来てしまうのは、効かせられていないかもしれないので、筋肉の成長が出るまで長期間を要してしまいます。

 

高重量×低回数なら短時間で終わるので、精神的に疲弊する前に切り上げられるのです。

 

3-3.無理に考えない

無理に考えない

 

最後に、無理に考えないです

 

筋トレをしなければいけないと考えるようになったら、少し離れてみるのも手と言えます。

 

ますたん
筋肉は筋トレを行いながらタンパク質を摂取しなければ、落ちてしまうのです♪

 

ですが、思っているより意外と落ちないと考えている方も多く見受けれれますし、何より今まで筋トレを行ってきたノウハウが消えることはありません。

 

つまり、マンネリ化してしまった時には一時筋トレから離れて新鮮さを与えることが大切です。

 

結論:無理せず、継続すること

 

筋トレで疲れる時の改善策【3選】

・ストレッチ

・高重量×低回数

・無理に考えない

 

筋トレをしている時に疲れてしまうのは仕方ないでしょう。

 

ですが、疲れを残すことは良くありません♪
ますたん

 

疲れを残さないように注意して次の筋トレを有意義なものにしていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございます(^^)/

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog