Work out(筋トレ)

筋トレで筋肉痛にならない人は鍛えられていないのか?知っておきたい知識【3選】

 

 

ますたん
筋トレをしているのに筋肉痛にならないと心配になってしまいますよね♪

 

でも、そもそも筋肉痛にならないと筋肉はつかないのでしょうか。

 

結論

結論から言えば、筋肉痛にならなくても筋肉はつくので筋肉痛に ならないからといって心配する必要はありません。

 

1.筋肉痛とは

筋肉痛とは

 

筋肉痛のメカニズムはまだ明確にはわかっていません。

 

ますたん
ですが、単純に考えれば筋肉を損傷していることによる痛みだと考えられますよね♪

 

明確には分かりませんが、筋肉を壊して強くするという考えから行くと筋肉痛にならないと心配してしまいます。

 

ですが、筋肉痛にならなくてもしっかり筋肉がついていくのです。

 

2.筋肉痛以外の目安とは

筋肉痛以外の目安とは

 

筋肉痛以外にも追い込めているか確認するには様々なものがあります。

 

例えば重量や回数です

 

筋トレを行っている際に確認したいのでしたら、軽い重量にしてその軽い重量ですら上がらなければ追い込めています。

 

また後日確認したいのでしたら、重量が上がっていたり回数が上がっていたりすれば筋肉がついていることがわかります。

 

ですので、筋肉痛以外にも様々な基準が 考えられるのです。

 

筋トレで追い込むってどんな感覚?追い込めているか確認する方法【3選】

続きを見る

 

3.筋肉痛に関する知っておきたい知識【3選】


筋肉痛に関する知っておきたい知識【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.筋肉痛がきたら休む

 

先ずは、筋肉痛がきたら休むことです

 

ますたん
筋肉痛になれば筋肉がつくと考えて筋肉痛の状態でも追い込む方がいます♪

 

ですが、筋肉痛の状態では筋肉が弱っている状態です。

 

ですから積極的に休みましょう

 

もし怪我をしてしまえば、数ヶ月筋トレができないかもしれません。

 

その方が遥かに弱くなってしまうことを頭に入れておきましょう。

 

3-2.睡眠の質を高めることです

 

次に、睡眠の質を高めることです

 

ますたん
意外とおろそかになってしまうのが睡眠の質です♪

 

仕事をしたり勉強をしたりしていると朝起きる時間が決まってしまいます。

 

なのにも関わらず夜遅くまで起きていると、睡眠の時間が少なくなっているということを把握しなければいけません。

 

人は寝ることで回復するので筋肉を成長させるためにはしっかりと寝なければいけないのです。

 

ますたん
寝具の質を高めることも考えられますが、その前に規則正しい生活を先に心がけてみましょう♪

 

3-3.血液循環

 

最後に、血液循環です

 

ますたん
筋トレによって体が硬直状態となると、血液循環が滞ってしまうこともあります♪

 

ですからしっかり筋トレの前後にストレッチを行い、体を温めておく必要があるのです。

 

また、筋トレを行わない時でもストレッチを怠らず常に循環を心がける必要があります。

 

体調自体を整えるというのも筋トレにはとても重要なことだということを忘れてはいけません。

 

筋肉がつくのに筋肉痛は絶対ではない

 

筋肉痛に関する知っておきたい知識【3選】

・筋肉痛がきたら休む

・睡眠の質を高めることです

・血液循環

 

ますたん
このように、筋肉痛にならなくても筋肉は傷ついていることが多いです♪

 

ですから、効いていないと思って無理に筋トレをするとケガに繋がります。

 

ますたん
無駄なリスクをとらずに、筋トレを行ったら超回復(48~72時間)程度は休みましょう♪

 

そうすれば、筋肉痛に関わらず筋肉が回復してくれるので、新鮮な筋トレが可能となります。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog