Bookkeeping(簿記)

簿記の知識が最大限活かせる仕事【3選】

 

 

ますたん
簿記を勉強していて気になるのがどのような 仕事に活かせるかです♪

 

簿記の最終的なアウトプットは仕事なので気になりますよね。

 

結論から言えば、簿記を利用して帳簿をつける仕事がメインと言えます。

 

1.簿記の知識とは

簿記の知識とは

 

文の知識を身に付ける場合資格の勉強から入る方が多いです。

 

例えば以下の資格です

全商簿記検定全経簿記検定日商簿記検定

 

これらの資格を会社や学校で取得するかたが多いです。

 

ますたん
ですがこれらが直接的に仕事にどのように生きて来るのか把握している方は少ないでしょう♪

 

簿記が直接的にどの仕事に活かせるのか把握しておく必要があるのです。

 

2.なぜ知っておく必要があるのか

なぜ知っておく必要があるのか

 

ますたん
勉強はインプットするだけでなくアウトプットする必要があります♪

 

そのアウトプットする方法を教えられなければ生かすことができないのです。

 

数学の方程式は解けるけれど方程式を生かして何ができるのかわからない

 

このような場合せっかく勉強したのに知識が無駄になってしまいかねません。

 

ですからしっかり簿記の勉強を活かせる仕事を把握して 活用していく必要があるのです。

 

3.簿記の知識が最大限活かせる仕事【3選】

簿記の知識が最大限活かせる仕事【3選】

 

簿記の知識が最大限活かせる仕事【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.公認会計士・税理士

公認会計士・税理士

 

先ずは、公認会計士・税理士です

 

ますたん
公認会計士が監査をする際に簿記の知識を利用します♪

 

税理士はお客の経理の手伝いをする際に簿記の知識が必要です。

 

取引を簿記を利用して帳簿につけることがわからなければそれが正しい会計処理なのかを把握できません

 

ですから監査する際にも簿記の知識は必須なのです。

 

3-2.経理

経理

 

次に、経理です

 

ますたん
経理の場合日々の取引 帳簿につける必要があります♪

 

その際に簿記の知識がなければ帳簿につけることができません。

 

また誰かが行った経理の会計処理を 理解するためにも簿記の知識は必要不可欠です。

 

このように経理にとって簿記の知識は絶対的に必須なのです

 

3-3.経営者

経営者

 

最後に、経営者です

 

ますたん
経営者は自分で日々取引をしています 一人で行っている場合は、自分でその取引を会計処理にしなければなりません。

 

また経理として従業員を雇っている場合でもその責任は自分にあるため確認しなければいけません。

 

この記帳を税理士事務所なのに任せた場合でも、その内容を理解して話をしなければいけないので、簿記の知識は絶対に必要なのです。

 

経営者は最高経営責任者だけあって責任を負うので、数字で把握する必要がありますね。

 

簿記の知識を最大限生かすのなら,帳簿関連です

 

簿記の知識が最大限活かせる仕事【3選】

・公認会計士、税理士

・経理

・経営者

 

ますたん
このように、簿記を最大限活かせるという意味では、帳簿に直接つけたりすることです♪

 

また、帳簿の内容が実在しているのか確認できるためには、帳簿の内容を理解できなければいけないので、簿記の知識が必要です。

 

利益率などを計算して分析した際にもその内容がどのようなものから成り立つのか把握するためには簿記が分かっていなければいけません

 

このように、直接的にでなくとも様々な場面で利用していけるので、しっかり勉強していきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog