Work out(筋トレ)

筋トレで怪我をした時の行動【3選】

 

 

ますたん
日々筋肉をつけようと努力をしている方にとって、怪我をしてしまうと落ち込んでしまうかもしれません♪

 

ですがそんな時にも適切な行動を取っていくことで、長期的に見れば筋トレを続けていくことが可能になるでしょう。

 

結論

結論から言えば、無理をしないことを前提として、体を動かしたりしながら、筋トレをやめないように徐々に戻していくことが重要です。

 

1.筋トレにおける怪我とは

筋トレにおける怪我とは

 

筋トレを行っていると重い重量を扱うことが多々あります

 

ですからひどい炎症になったり、断裂してしまうことも考えられるのです。

 

また骨折をしてしまったり、長期的にタンパク質を過剰摂取すれば内臓に異常をきたしてくることも考えられます。

 

そこまでいけば病気と言われるでしょうが、そうならないように注意していく必要があるでしょう。

 

ますたん
偶発的に起きてしまう怪我は、筋トレにおいてはつきものと言えるかもしれません♪

 

2.筋肉はすぐに落ちてしまうのか

筋肉はすぐに落ちてしまうのか

 

怪我をしたら休むということが通常です

 

ですが筋トレを行っている人は筋肉が落ちることを嫌うため、休みたくありません。

 

確かに筋トレを行わなわなければ筋肉は落ちていきます。

 

ですから筋肉を落とさないように工夫していく必要があるのです。

 

ますたん
そうすることで多少なりとも維持していくことは可能といえるでしょう♪

 

3.筋トレで怪我をした時の行動【3選】

筋トレで怪我をした時の行動【3選】

 

筋トレで怪我をした時の行動【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.病院に行く

病院に行く

 

先ずは、病院に行くことです

 

ますたん
自分で判断する前に専門家に相談し適切な診断を受けましょう♪

 

その結果がどのような行動を行っていくのか考えることが重要なのです。

 

でなければ、筋肉をつけたい人にとって過度な休養も避けたいところでしょう。

 

また無理をして症状を悪化させてしまうこともあります。

 

ますたん
状況を把握するために病院に行くことが大切なのです♪

 

3-2.別の部位を鍛える

別の部位を鍛える

 

次に、別の部位を鍛えることです

 

ますたん
さすがに怪我をしている箇所を、無理やり鍛えることは避けましょう♪

 

もし行うのであれば自己責任で行う必要がありますが、そこまでのリスクを冒す必要はないと言えます。

 

その部位だけ鍛えられないことは確かに違和感を覚えるでしょう。

 

ただ他の部位に関してもいずれ筋トレを行っていくことですので同じことです。

 

ますたん
その部位だけ一時休養都市別の部位を集中して行なっていきましょう♪

 

ただ庇うようにしていると別の部位すら気がしてしまう恐れもあります。

 

とにかく、無理はしないことです。

 

3-3.有酸素運動

有酸素運動

 

最後に、有酸素運動です

 

ますたん
有酸素運動と言っても短距離走のような、瞬間的に力を発揮するようなものではなく、ウォーキングなどの軽いものです♪

 

足を怪我していないのでしたらジョギング程度もありでしょう。

 

筋トレなどの運動は身体の使い方というのはとても大切になってきます。

 

ですから、身体全身が連動していると考えた場合、このような運動を行うことも大切です。

 

ますたん
発想を変えて今できることを行っていきましょう♪

 

結論:長期的に継続

 

筋トレで怪我をした時の行動【3選】

・病院に行く

・別の部位を鍛える

・有酸素運動

 

怪我をした時にとって一番大切なことは、筋トレを我慢することと言えます。

 

ますたん
普通の人は筋トレをすることは辛いですが、筋トレをしてる人は筋トレをしないことがつらいです♪

 

ただ長期的に見ればここで筋トレを行うことにより、今後筋トレができなくなる恐れも出てきます。

 

ますたん
ですからここはグッと堪え、長期的な視点で筋トレを楽しめるように発想を転換していくことが重要といえるでしょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog