Work out(筋トレ)

筋トレで変化がない場合に行うべきこと【3選】

 

ますたん
筋トレにおいて変化が目で分かるくらいになるのはなかなか難しいです♪

 

ですが、正しく継続していけば、必ず変化は訪れます。

 

結論

結論から言えば、体の変化をもたらすために、方法も変化させて試しくことが重要になるのです。

 

1.筋トレにおける変化とは

筋トレにおける変化とは

 

ますたん
変化と言っても目的に応じて様々なものがありますよね♪

 

ですから、一概に言うことはできません。

 

スポーツを行っていれば、筋肉がついてもスポーツが上手くなる変化が無ければ意味がないわけです。

 

ですが、ここではボディメイクとしての体の変化を目的にしている方が多いでしょうから、そちらを前提として解説していきます。

 

2.いつから変化がないのか

いつから変化がないのか

 

最初から変化がない場合には、正確な筋トレが出来ていない可能性もありますので注意が必要です。

 

筋トレは総合的に筋肉がついていく為に、以下のことに注意しましょう

・食事

・休養

・筋トレ

 

この内容が自分では分からない場合に、パーソナルトレーナーに教えてもらうのが大切です。

 

ますたん
ですが、暫くはついていたのに途中から筋肉がつかなくなってしまった場合には、筋トレの内容に変化が必要です♪

 

同じ刺激だけでなく、色々な刺激を与えていきましょう。

 

【停滞期】筋トレを効果的に行うための超簡単な改善策【3選】

続きを見る

 

3.筋トレで変化がない場合に行うべきこと【3選】

筋トレで変化がない場合に行うべきこと【3選】

 

筋トレで変化がない場合に行うべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.重量・回数

重量・回数

 

先ずは、重量・回数です

 

ますたん
特にフォームを意識して行おうと思っている方は、重量・回数がなかなか伸びません♪

 

同じ運動のような状態を継続してしまっている場合には、筋肉がつかない場合があります。

 

ですから、筋肉がついていないと感じた際には、重くしてみたり軽くしてみたりする必要があります。

 

理論的に考えがちですが、そこは感覚的に行うことも大切です。

 

ますたん
10回前後が1番良いとされますが、体は機械ではないので色々刺激を変えましょう♪

 

3-2.方法

方法

 

次に、方法です

 

つけたい部位に対する筋トレの方法を行うのが普通ですよね。

 

ますたん
でも、人によって効いてくる部位が違うために、自分が一番効いていると感じる方法で行いましょう♪

 

これは、ずっと同じと言うこともありません。

 

ベンチプレスで行き詰ってしまったら、ダンベルプレスを暫く行うなど、根本的に方法を変化させるのも重要なのです。

 

3-3.相談

相談

 

最後に、相談です

 

ますたん
やはり、自分で考えている場合には主観的な考えが多いです♪

 

ですから、人に相談して新しい知識を身に着けるように努める必要があります。

 

成長していく方は、いつまで経っても学ぶ姿勢を忘れません。

 

極端なことを言えば、初心者の言うことからも学べることは沢山あります。

 

ますたん
自分の信頼できる人に相談して、打開策を見付けていきましょう♪

 

気長に変化を与えながら継続していくことが必要

 

筋トレで変化がない場合に行うべきこと【3選】

・重量、回数

・方法

・相談

 

ますたん
初心者の頃はフォームも大切なのですが、ある程度のフォームが出来ていればそこから先は上級者の域です♪

 

そこに至るまでに別のことで変化を与えた方が、個人的には早いと感じます。

 

ですから、あまり科学的なことに捕らわれないように行いましょう。

 

また、体を変化させるには体脂肪も鍵を握ります。

 

ますたん
大きくしたいだけでなくバキバキにしたいのなら、体脂肪を落とすことが大切です♪

 

では。今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog