Work out(筋トレ)

【筋トレ】ビッグ3(スリー)とは

みなさんはビッグ3(スリー)と言うのを聞いたことがありますか?

 

筋トレにも様々な部位を鍛える方法があります。

 

その中でも多くの筋肉を使い効率よく鍛えることができるとされている3種類の筋トレ法です。

 

①ベンチプレス

②デッドリフト

③スクワット

 

こちらの3種類です。

 

必ずやる必要はありませんが、基本的に高重量を扱っていく為、成長しているのが分かりやすいと思います。

 

多くの筋肉を使うので高重量が扱いやすいのです。

 

ですから、1kg伸びていく感じではなく最初は5kgなど大きく伸びていくかもしれません。

 

その大きく伸びていく過程を楽しんでいきましょう。

 

では、1種類ずつご紹介していきます。

 

1.ベンチプレス

ベンチプレス

 

大胸筋等を鍛える種目であり、重要です。

 

寝ている状況で肩幅程度手を広げ、バーベルを持ち上げる種目です。

 

大胸筋は上半身の中で大きな筋肉ですし付けると体の厚みが増して迫力が出ます。

 

持ち方や体のブリッジ、下げてくる位置等、ちょっとした違いで大きく重量に差が生まれます。

 

ですので、少しでも高重量を上げたくなり、みなさん試行錯誤しながらチャレンジしたくなるのでしょう。

 

2.デッドリフト

デッドリフト

 

デッドリフトは、主に広背筋等を鍛える種目です。

 

中腰の状況でバーベルを掴んで、広背筋であげるイメージで体を起こす種目です。

 

広背筋を鍛えると大胸筋同様体の厚みが増します。

 

さらに、横への広がりが出てくるので後姿が大きくなっていくことでしょう。

 

その為、体が立体的になります。

 

3.スクワット

スクワット

 

スクワットは、主に大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングス等、下半身を鍛える種目です。

 

バーベルを僧帽筋あたりで持ち足で床を蹴るように持ち上げます。

 

足や尻は体の土台になります。

 

土台がしっかりしていればそこに乗っているモノも安定しますよね。

 

ですので、足や尻を鍛えることは上半身を大きくすることにも繋がります。

 

しかし、スクワットはきついのです(笑)

 

なぜなら、精神的にツライ上体の中であまり目立たないからです。

 

なので下半身を鍛えず上半身だけ鍛える方が結構います。

 

筋トレ好きの中ではそういった方を「チキンレッグ」等とバカにする風習があります。

 

私としては人それぞれなので気にされなくてよいと思います。

 

ただ、やはり下半身を鍛える方がバランスが良くなりケガも、しずらいと思います。

 

ですので、できる限り下半身も鍛えたほうが良いと考えます。

 

このように今回はBIG3についてご紹介しました。

 

BIG3は大きな筋肉を効率よく鍛えられるので導入したいところではあります。

 

ですが、高重量を扱う為筋肉を意識するのは難しいように個人的に感じます。

 

ですので、状況に応じて方法を使い分けると良いと思います。

 

では、ご視聴ありがとうございました(*'ω'*)

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-,

© 2022 masutannblog