Think(考える)

具体的な質問を行う為のポイント【3選】

 

 

ますたん
質問は、抽象的だとなにを聞いているのか分からないです♪

 

ですから、具体的な質問を行う方が良いのです。

 

結論から言えば、具体的な質問が行う為にも少しのポイントがあり、そのポイントを抑えたうえで具体的な質問をすることに慣れていく必要が有ります。

 

1.具体的な質問とは

具体的な質問とは

 

具体的な質問とは、聞きたい内容を応えて貰えるような詳細な質問です。

 

例えば、抽象的な質問は以下の通りです

・え、何ですか?

・どんなですか?

 

このような質問はつい言ってしまうことも多いですが、内容があまり無いです。

 

ますたん
ですから、相手の方は何て応えたら良いか分からないのです♪

 

2.なぜ具体的な質問を行なうのか

なぜ具体的な質問を行なうのか

 

普段だったら話していけば良いのですが、仕事等の場面ではより具体的な質問が大切でしょう

 

なぜなら、時間が限られている上に話がややこしくなることを避ける為です。

 

ますたん
話せば良いじゃん♪

 

と思いがちですが、意外と人は話しが逸れると噛みあわなくなりがちです。

 

ですから、簡潔に話せるように心掛ける必要が有るのです。

 

3.具体的な質問を行う為のポイント【3選】

具体的な質問を行う為のポイント【3選】

 

具体的な質問を行う為のポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.質問する前に考える

質問する前に考える

 

先ずは、質問する前に考えることです

 

焦ってしまうとすべて口に出してしまいがちになります。

 

落ち着いて、1回考えるくせをつけていくことが大切です。

 

ますたん
そうすることで、どのように質問したら良いかが頭の中に浮かんでくるしょう♪

 

難しいことをするよりも、とりあえず落ち着くことを覚える必要が有るのです。

 

3-2.疑問詞だけは極力避ける

疑問詞だけは極力避ける

次に、疑問詞だけは極力避けることです

 

疑問詞だけでは、相手になにが聞きたいのか伝わりずらいです。

 

例えば、以下のようなことです

・なに?

・どこ?

・いつ?

 

勿論場面による為、絶対ではありませんが、疑問詞の前に少し付け加えるとより良いです。

 

特に、フォーマルな場合には頭の中で考えて話が飛躍しないよう意識して質問しましょう。

 

3-3.例え話

例え話

 

最後に、例え話です

 

ますたん
自分の中でかみ砕いて例えて考えてみましょう♪

 

それを相手の方に質問してみるとより理解が深まります。

 

なぜなら、自分の中での考えに置き換えている上、間違っていないかの確認だからです

 

より具体性の高い質問であり、最終確認のように使ってみましょう。

 

もし、間違っていれば逆に詳細を相手から教えてくれます。

 

 

結論:フォーマルな場では特に具体性を持った質問をしましょう

 

具体的な質問を行う為のポイント【3選】

・質問する前に考える

・疑問詞だけは極力避ける

・例え話

 

インフォーマルな場においては、会話のラリーにより分かっていきます。

 

ですが、前述したようにフォーマルな場においては簡潔な会話を意識しましょう。

 

思っている通りの、的確な会話をしていけるようになります。

 

ますたん
具体性を持って質問していきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog