(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記学習は網羅性よりも確実性が大切な理由【3選】

 

 

簿記学習はどのように勉強をするべきなのか迷ってしまいます。

 

ますたん
様々な問題が出題されることから網羅的に勉強しようと考えるかもしれません♪

 

ですが、網羅性よりも確実性を大切にしていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、確実性を重視した学習は点数を着実に上げてくれます。

 

1.網羅性と確実性とは

網羅性と確実性とは

 

網羅性と確実性はなんとなく聞いたことのある方もいるでしょう♪
ますたん

 

簿記ではよく使われる2つの言葉です。

 

ますたん
網羅性とは漏れがないかどうか、確実性とは合っているかどうかと言えるかもしれません♪

 

両者がどの程度なのかが大切になってきます。

 

2.簿記における網羅性と確実性

簿記における網羅性と確実性

 

網羅性と確実性を簿記に当てはめるとどのようになるでしょうか?
ますたん

 

簿記の問題を網羅的に学習するのか、確実に勉強するのかです。

 

ますたん
両者は必ずしもどちらかでなければならないわけではありません♪

 

意識的に勉強をする事で点数を伸ばしていける可能性があるのです。

 

3.簿記学習は網羅性よりも確実性が大切な理由【3選】

簿記学習は網羅性よりも確実性が大切な理由【3選】

 

簿記学習は網羅性よりも確実性が大切な理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.最終数値

最終数値

 

先ずは、最終数値です

 

網羅的に勉強をしていると、分かっているのに解けないという事態になりかねません♪
ますたん

 

これを防ぐためにも確実に勉強を行っていくのです。

 

ますたん
ひとつひとつ丁寧に解いていき、財務諸表にどのように表示されるのかまで計算しましょう♪

 

点数になるのは最終数値である可能性が高いのです。

 

3-2.出題されない

出題されない

 

次に、出題されないです

 

難易度の上位級にいけばいくだけ、出題されない論点は増えてきます♪
ますたん

 

つまり、出題されない論点の知識はむしろ邪魔になるかもしれません。

 

似たような論点の知識があると頭が混乱しがちです。

 

中途半端に覚えているのなら覚えていない方が良い可能性も出てきます。

 

ますたん
出題されない可能性も考慮に入れて、焦らず今学習している論点を確実に学んでいきましょう♪

 

3-3.難しい問題

難しい問題

 

最後に、難しい問題です

 

単純に網羅的に勉強をしていると浅い知識になりがちかもしれません。

 

この論点が出題されたら確実に解けるという自信も大切です♪
ますたん

 

これは、考え方によってはその論点を網羅的に勉強していると考えられるかもしれません。

 

ますたん
あくまでも、確実に最後まで解く意識でいきましょう♪

 

結論:知っていても解けなければ意味がない

 

簿記学習は網羅性よりも確実性が大切な理由【3選】

・最終数値

・出題されない

・難しい問題

 

正直知っている状況でも十分な気がします。

 

ただし、試験となれば点数を取らなければなりません♪
ますたん

 

点数を取るためには確実に最後まで解けるようになる必要があるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog