Accounting(会計)

意外と知らない会計を得意にする方法【3選】

 

 

ますたん
会計は細かいことをやるので、苦手な人が多いです♪

 

細かいことをやっているとストレスも溜まりますし、難しいと言えるでしょう。

 

結論

結論から言えば、細かいことを行う際に気をつけたいポイントをしっかり押さえていれば、簡単に会計を得意にすることができるのです。

 

1.会計を得意にするとは

会計を得意にするとは

 

会計というのは、お金の計算を行うことですが計算を行っていれば1円単位で正確に合います

 

ですが、逆を返せば1円単位で合わせなくてはいけなくなるのです。

 

自分のお小遣いの計算を行なっている際に1円なくなったとしても大して気にする必要はありません。

 

ですが会社のお金となると話は別です。

 

ますたん
様々な利害関係者が関係しているので正確に数字を合わせていかなければならないと言えるでしょう♪

 

2.なぜ会計は難しいのか

なぜ会計は難しいのか

 

ただお金の計算を行なうだけでしたらそこまで難しいことはありません。

 

ですが会社の会計ともなれば、会計基準など一定のルールに従って行なっていかなければならないのです。

 

ですからそのルールを知っている必要があります。

 

ますたん
さらにそれを表現していく上で細かい計算というのはとても難しいことに感じられるでしょう♪

 

3.会計を得意にする方法【3選】

会計を得意にする方法【3選】

 

会計を得意にする方法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.丁寧

丁寧

 

先ずは、丁寧です

 

会計は細かい計算ですので丁寧に行っていく必要があります。

 

簡単に思えることですが、油断することですぐに数字は合わなくなるのです。

 

ますたん
ですから丁寧に行うことを心がけましょう♪

 

会計はここが難しいように感じるところですが、考え方によってはポイントとなるのです。

 

3-2.ゆっくり

ゆっくり

 

次に、ゆっくりです

 

財務諸表を作成する際などにはトークに多種多様な取引を行っていかなければなりません。

 

ますたん
ですから急いで行わなくてはいけないという気持ちになります♪

 

ただ急いで行うことによりミスは増えますし、急いで行なっているつもりでもそこまで変わりません。

 

急いで行うことにより、ミスをすれば遅くなるので、最初からゆっくりやることがポイントです。

 

3-3.量より質

量より質

 

最後に、量より質です

 

ゆっくりやるのと同様、量を求めるのではなく質を求めることが大切です。

 

ますたん
そのためにはそのように会計処理される理由をしっかり押さえていきましょう♪

 

そうすることで覚えた内容が腑に落ちます。

 

納得のいっていない暗記だと長期的に見れば忘れてしまうことが考えられるのです。

 

質を大切に学んでいく姿勢が重要と言えます。

 

結論:とにかく焦らない

 

会計を得意にする方法【3選】

・丁寧

・ゆっくり

・量より質

 

どんな状況でも焦ることによりさらに遅くなります。

 

ますたん
またミスをする可能性も高くなるので焦らないように気をつけましょう♪

 

会計は特に急いで早く沢山の量をやろうとしてしまいたくなるのです。

 

ますたん
その姿勢とは真逆の考え方で行くことが正解ですので、ゆっくり丁寧に正確に質を求めていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog