Think(考える)

勉強の休憩は何をするのが良いのか【3選】

 

勉強をしていると当然疲れます。

 

ますたん
無理に勉強をしていても頭に入らず不効率です♪

 

適切に休憩をとって勉強をしていく必要があります。

 

結論

結論から言えば、休憩で何をするのか効率を重視して考えていくことが大切でしょう。

 

1.勉強の休憩とは

勉強の休憩とは

 

人間は機械ではないので動いていれば疲れてしまいます。

 

勉強はあまり動かないので疲れないのではないかと考えがちですが、そんなことはありません♪
ますたん

 

生きているだけで体は動いていますし、脳を回転させながら勉強をしているのです。

 

ますたん
体が疲れているのに無理に勉強をするのは避ける必要があります♪

 

 

2.休憩の必要性

休憩の必要性

 

ずっと無理にでも勉強していれば何だかんだ良くなるのではないかと思いがちです。

 

ですが、無理に行えば勉強に飽きてしまうだけでなく、ストレスから病気になってしまうことにもなりかねません。

 

短期的に勉強ができたとして意味があるのは、試験日などの明確な目標がある時だけです。

 

長期的に考えてずっと勉強を行える為には休憩が必要といえるでしょう♪
ますたん

 

3.勉強の休憩は何をするのが良いのか【3選】

勉強の休憩は何をするのが良いのか【3選】

 

勉強の休憩は何をするのが良いのか【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.何もしない

何もしない

 

先ずは、なにもしないです

 

休憩の大原則は休むことと言えます。

 

ますたん
何かをすれば疲れるので、何もしないで短期集中で休むことは効率が良いでしょう♪

 

外の景色を見たり、難しいことはせず、特に何もしないように考える意識が大切です。

 

勉強を一時的に忘れると逆に勉強したくなってくることも考えられます♪
ますたん

 

3-2.違う勉強

違う勉強

 

次に、違う勉強です

 

ますたん
どうしても試験前で休憩が出来ずに、勉強をしていないと落ち着かない場合には違う勉強が良いでしょう♪

 

ですが、好きな論点の勉強や方法をすると良いです。

 

普段問題を解いている人は教科書を見ると普遍的に考えられて頭が休まるかもしれません。

 

少なからず効率は無視して休めるような勉強をすることです。

 

3-3.遊ぶ

遊ぶ

 

最後に、遊ぶです

 

だらだら勉強をしているのが一番不効率であり、意味がなくなってしまいます♪
ますたん

 

それならいっそのこと遊んでしまうのもありです。

 

誰かと遊びに行ったり、趣味に時間を使うのもOKと言えます。

 

大切なのは、時間をしっかり区切って切り替えられることです。

 

ますたん
酔っぱらうなど、後の勉強に支障をきたさなければ自由時間として過ごしましょう♪

 

結論:日々研究

 

勉強の休憩は何をするのが良いのか【3選】

・何もしない

・違う勉強

・遊ぶ

 

休憩ですら勉強の一環であり、効率が大切です♪
ますたん

 

だからと言って、勉強のことを忘れないようにしているとだらだらしてしまいます。

 

ますたん
いろいろなことを試してみて自分が一番勉強できる休憩方法を模索していきましょう♪

 

学校の休み時間のように、時間だけ決めておけば自由時間です。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog