Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

全経簿記上級を独学する際に意識すべきこと【3選】

 

 

全経簿記上級は独学できるのでしょうか?

 

ますたん
専門学校に通う場合には費用的にも厳しい人はいるでしょう♪

 

独学する場合には何を意識していけば良いのかを考えていかなければなりません。

 

結論

結論から言えば、過去問を流れを意識しながら完璧に解く。

 

1.全経簿記上級を独学する

全経簿記上級を独学する

 

全経簿記上級は、全経の簿記検定の中で一番難しいです。

 

日商簿記検定1級の下辺りに位置づけられることもありますが、あまり変わりません♪
ますたん

 

出題分野が異なるので、適した勉強法で行なっていく必要があります。

 

ますたん
独学する際にも、全経簿記上級の出題傾向を把握した対策が鍵になってくるでしょう♪

 

2.独学は不可能なのか

独学は不可能なのか

 

独学はできます。

 

時間をかけてゆっくりと勉強する事が出来るので、独学が向いている人にとっては効率的な勉強になるかもしれません。

 

一方で、質問できる人がいない場合には分からない所を把握するのに時間がかかってしまいます。

 

SNSなどを活用して分かっている人に質問してみるのも良いでしょう♪
ますたん

 

3.全経簿記上級を独学する際に意識すべきこと【3選】

全経簿記上級を独学する際に意識すべきこと【3選】

 

全経簿記上級を独学する際に意識すべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.流れ

流れ

 

先ずは、流れです

 

ますたん
問題を解くにあたって、解いていく流れを意識していきましょう♪

 

解く流れは分野ごとに毎回大体同じです。

 

下書きのパターンを決めておくとミスが減っていきます♪
ますたん

 

独学の場合には下書きを事前にわかりやすいよう自分で考えておきましょう。

 

3-2.完璧

完璧

 

次に、完璧です

 

実際の本試験において完璧に解く必要はなく点数が取りやすい箇所を取る必要があります。

 

ますたん
ただし、日頃の勉強では完璧を目指して理解しながら解いていきましょう♪

 

全経簿記上級は、難しい分野でも分かりやすく簡潔に出題してくれます。

 

かなり勉強になるので、完璧を意識して丁寧に解いていくと良いでしょう♪
ますたん

 

3-3.過去問

過去問

 

最後に、過去問です

 

同じ問題が出題されることはあまりありませんが、似たような傾向や問題が出題されることはあります。

 

ますたん
過去問から沢山学べるはずです♪

 

ひたすらに過去問を解いていると、解き方のコツを掴んでいくことができます。

 

あまり難しく考えずどんどん解いていきましょう♪
ますたん

 

結論:過去問を流れを意識しながら完璧に解く

 

全経簿記上級を独学する際に意識すべきこと【3選】

・流れ

・完璧

・過去問

 

日商簿記1級などと異なり、100点を目指せる出題もあります。

 

ますたん
一つ一つ理解しながら解いていけば、納得できるはずです♪

 

さらに難しい資格に挑戦する時に、あなたの支えになる知識を身につけることができると思います。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog