(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験で結果が出ない時の対処法【3選】

 

 

簿記では試験に合格することが重視されます。

 

ますたん
一方で試験が苦手な方はたくさんいるでしょう♪

 

どうしたら結果が出るのかについて考えながら行動していく必要があります。

 

結論

結論から言えば、点数を重視しつつ過去問を回していくことです。

 

1.簿記試験で結果が出ない時とは

簿記試験で結果が出ない時とは

 

勉強は試験のためにあるわけではありません。

 

一方で、簿記試験は試験合格が重視されることが多いです♪
ますたん

 

企業が簿記を知っているかどうかの採用基準に使っているからと考えられます。

 

企業側からすれば大切な事業資金を無駄にすることはできず、簿記を利用できる一定程度の保障が欲しいのです。

 

訳が分かった上で簿記試験合格を目指すとは言え、試験が苦手な方も一定数います。

 

ますたん
対処法を講じて試験に合格していく必要があるでしょう♪

 

2.辛くても受からない

辛くても受からない

 

試験に受からないことは本当に辛いです。

 

自分より勉強をしていない人が合格していくことを目の当たりにすれば、どうしたら良いのか分からなくなります。

 

ですが、辛くて苦しんでいても合格することはありません。

 

人と比較することなく虎視眈々と勉強を継続していく必要があります♪
ますたん

 

3.簿記試験で結果が出ない時の対処法【3選】

簿記試験で結果が出ない時の対処法【3選】

 

簿記試験で結果が出ない時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.点数

点数

 

先ずは、点数です

 

試験はどこまでいっても点数で決まります。

 

普段何をしていても、どれだけコミュニケーション能力があっても、点数が取れなければ受かりません。

 

逆を返せば点数さえ取れれば合格できます。

 

ますたん
日頃からどの部分に点数が与えられているのかを把握していくことです♪

 

そして、最短距離で点数を貰うためにはどうしたら良いのかを模索していきましょう。

 

3-2.過去問

過去問

 

次に、過去問です

 

日商簿記2級までは、過去問をひたすらまわしていれば良いと言っても過言ではないぐらい大切でしょう♪
ますたん

 

なぜなら出題者が大切だと感じている項目を出題するからです。

 

ますたん
過去問からどのようなメッセージが与えられているのかを感じ取りましょう♪

 

過去問を解いていてわからないところを復習する方法がベストな勉強法です。

 

3-3.パターン

パターン

 

最後に、パターンです

 

簿記の勉強は多種多様にあり、ひとつひとつを理解しながら勉強していくには時間がかかります。

 

それを短縮するためには身体で覚えていくことが大切です♪
ますたん

 

自分では何も考えずに計算を解いているように思っても、日頃の特訓で考えをシンプルにしているだけかもしれません。

 

ますたん
とにかく問題の数をこなしていくと、勝手に解けるようになることもあるのです♪

 

結論:点数を重視して過去問を回せ

 

簿記試験で結果が出ない時の対処法【3選】

・点数

・過去問

・パターン

 

点数を取らなければ合格できないので、点数を取るためにはどうしたら良いのかを日々模索していきましょう。

 

過去問は実際に出題された問題であり、実践的な内容が詰まっているのです♪
ますたん

 

あんまり広げるすぎることなく、最終的には過去問を完璧に解けるようにしていきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog