(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記がわかると分析ができるようになる理由【3選】

 

 

ますたん
簿記により記録する理由は、利害関係者への報告や、納税額の計算だけではありません♪

 

内容について理解できると、分析することが可能です。

 

経営の方針になるため、とても大切なことと言えます♪
ますたん

 

結論

一定のルールに従った過去の記録だからです。

 

1.簿記における分析

簿記における分析

 

ますたん
簿記は、金額により計算されています♪

 

金額を利用しているため、数字により分析できます。

 

ですが、それだけではありません♪
ますたん

 

簿記がわかるようになると分析ができるようになるのです。

 

2.財務分析はとても有用

財務分析はとても有用

 

簿記における分析は財務分析と呼ばれ、様々なところで役立ちます。

 

ますたん
安全性、収益性など多くの指標を計算できるのが特徴です♪

 

会社における経営層は当然に計算できなくてはなりません。

 

安全に会社経営を行うためには不可欠と言えます♪
ますたん

 

3.簿記がわかると分析ができるようになる理由【3選】

簿記がわかると分析ができるようになる理由【3選】

 

簿記がわかると分析ができるようになる理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.過去の記録

過去の記録

 

先ずは、過去の記録です

 

簿記は日々の取引を帳簿に記録しています。

 

ますたん
つまり、分析の元となるのは過去の記録です♪

 

過去における記録は、今後起こりうる様々な状況の参考になります。

 

分析していけば、自社における「普通」を知ることも可能です♪
ますたん

 

普通がわかれば異常が出てきた時に即座に対応することができるので有用と言えます。

 

3-2.内容理解

内容理解

 

次に、内容理解です

 

簿記がわかると、内容を理解できるようになります。

 

ますたん
勘定科目ごとにどのような数値が入っているのか、わかると世界が変わってくるでしょう♪

 

分析結果の数値の変動だけでは、変動した原因を突き止めることができません。

 

簿記ができるとその原因がわかるので、特に大切な知識です♪
ますたん

 

3-3.同じルール

同じルール

 

最後に、同じルールです

 

ますたん
基本的に会計基準により同じルールに従っています♪

 

つまり、競合他社との比較ができるのも大切な要素です。

 

比較を行い、売上の増加や費用の削減を行うことで、利益の増加が見込めるでしょう♪
ますたん

 

自社だけではなく、競合他社との分析ができるのは、財務分析において大切な要素であり、簿記ができるメリットです。

 

結論:一定のルールに従った過去の記録

 

簿記がわかると分析ができるようになる理由【3選】

・過去の記録

・内容理解

・同じルール

 

簿記の性質として、会計基準に従って計算された過去の記録というものがあります。

 

ますたん
これにより、自社や他社との分析が可能です♪

 

簿記がわかれば、原因を把握できるので、改善していけるようになります。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2023 masutannblog