Accounting(会計)

財務会計をアウトプットする勉強法【3選】

 

 

財務会計はアウトプット重視の勉強が向いています。

 

ますたん
覚えることが多くついついインプットをしてしまいがちです♪

 

インプットにとらわれる事なくアウトプット重視で勉強を進めていきましょう。

 

結論

結論から言えば、アウトプット重視の勉強は実践的な内容として頭に残していくことができます。

 

1.財務会計のアウトプット

財務会計のアウトプット

 

財務会計は内容が深く、範囲も広いです。

 

テキストを理解することが難しいので、インプットするのが難しいかもしれません♪
ますたん

 

勉強を進めていく中で前に勉強した内容を忘れていきます。

 

不安になってしまいついつい復習を繰り返しインプットばかり行なってしまうことが多いです。

 

2.インプットも必要

インプットも必要

 

アウトプット重視の勉強をしていくことが大切だと言ってもインプットも必要です。

 

ますたん
インプットがなければアウトプットしていくことはできません♪

 

ただし、インプットを完璧にしていなくてもアウトプットしていくべきなのです。

 

あまりの範囲の広さや深さにとらわれるといつまでたっても問題が解けません♪
ますたん

 

ある程度インプットできたら積極的にアウトプットしていくべきなのです。

 

3.財務会計をアウトプットする勉強法【3選】

財務会計をアウトプットする勉強法【3選】

 

財務会計をアウトプットする勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.仕訳を書く

仕訳を書く

 

先ずは、仕訳を書くです

 

財務会計ではやはり仕訳が重要と言えます。

 

ますたん
逆を返せば仕訳がきれればほぼ終わっていると言っても過言ではありません♪

 

インプットしていると仕訳できるような気になってしまいます。

 

実際にペンを動かしながら計算しつつ仕訳がしっかりきれるか確かめていきましょう♪
ますたん

 

3-2.集計する

集計する

 

次に、集計するです

 

ますたん
集計ミスは思っているよりも発生します♪

 

仕訳が切れて勘定記入ができたのにも関わらず集計でミスしてしまうのは一番もったいないです。

 

早く叩くよりも確実にゆっくり集計することがポイントと言えるでしょう♪
ますたん

 

慣れてくると電卓を早く叩きがちになり少しのミスが大きな命取りになります。

 

インプットでは習得できずしっかりアウトプットしていくことが大切です。

 

3-3.結果を想像する

結果を想像する

 

最後に、結果を想像するです

 

試験で点数になるのは最終数値である結果と言えます。

 

ますたん
つまり、財務諸表における数値はどのように計算されるのか頭の中で想像してみると良いです♪

 

『貸借対象表』は特に決算時における金額なので、一発で解ける可能性もあります。

 

これを知っているか知っていないかでは大違いなのです。

 

結論:実際に問題を解きながら学ぶ

 

財務会計をアウトプットする勉強法【3選】

・仕訳を書く

・集計する

・結果を想像する

 

やはり問題を解きながら一つ一つ確認していくのが大切です。

 

財務会計は思っているよりもインプットをしっかりできていればアウトプットもできます♪
ますたん

 

ただし、完璧にできるようになっていくためにはアウトプットを怠ってはいけません。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog