(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

企業結合会計を理解するポイント【3選】

 

企業結合は苦手な人が多い論点といえます。

 

ますたん
対策を講じてなければ理解することは難しいでしょう♪

 

種類が多いので的確に把握していく必要があります。

 

結論

結論から言えば、固定概念を捨ててポイントを的確に押さえていくのが大切です。

 

1.企業結合会計とは

企業結合会計とは

 

企業結合会計では、法的に2つの企業が1つになったり、株式を通じて他の企業を取得したりします。

 

連結会計と似ているため混同してしまいがちですが違います♪
ますたん

 

連結会計はあくまでも経済的一体となっている企業をまとめて調整を加え、連結財務諸表を作成するのです。

 

企業結合会計では、株式の保有割合などを通じて連結会計を行う場合も考えられますが、個別で取引を行っていることをが前提にあります。

 

2.固定概念は捨てる

固定概念は捨てる

 

ますたん
企業結合会計は多種多様な種類があるため、難しいという固定概念を持っている人が多いです♪

 

確かに簡単とは言えないかもしれません。

 

ですが、1つ1つを見ていけば難しくもないです。

 

難しいという固定概念を持っていると、難しく考えてしまいがちになります。

 

シンプルに考えていきましょう♪
ますたん

 

3.企業結合会計を理解するポイント【3選】

企業結合会計を理解するポイント【3選】

 

企業結合会計を理解するポイント【3選】は以下の通りです。

 

3-1.取得or持分の結合

取得or持分の結合

 

先ずは、取得or持分の結合です

 

企業結合では取得か持分の結合なのかは重要な論点と言えます。

 

ますたん
通常は会社は商品などを対象として取引を行なっていくでしょう♪

 

企業結合では、株主が会社を取引していると考えれば分かりやすいです。

 

株主からしてみれば会社は商品であり、取得とみなされるのか否かが論点になります。

 

3-2.対価

対価

 

次に、対価です

 

企業結合を行った場合に、何で支払っているかを考えていきましょう♪
ますたん

 

現金などの場合には、投資は生産されたと考えられます。

 

これに対して株式などを取得した場合には、その企業に対して完全に精算されたとは言えません。

 

連結会計を行わなければいけないかもしれないので注意して見ていきましょう。

 

3-3.普遍と特殊

普遍と特殊

 

最後に、普遍と特殊です

 

ますたん
企業結合が分かりづらい圧倒的な要因が処理が似ていることでしょう♪

 

企業結合会計の中でも似ているところを普遍的知識として覚えていくのが大切と言えます。

 

逆に、あんまり見ない処理は特殊な例として覚えておきましょう♪
ますたん

 

普遍的な部分を先に取られて、特殊な部分を後付していく形式が一番効率良いです。

 

結論:企業結合会計は簡単

 

企業結合会計を理解するポイント【3選】

・取得or持分の結合

・対価

・普遍と特殊

 

企業結合会計を一つ一つ覚えていくと難しく感じます。

 

ますたん
正しい普遍的な部分をとらえて、特殊部分を後付すれば難しくはありません♪

 

形式的に繰り返していれば気づいた時には覚えています。

 

理論的な部分もあとから考えていくと、より知識として定着することでしょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog