(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

在外支店における解き方のコツ【3選】

 

 

本支店会計でも難しいのに、ドル建てとなれば尚更難しく感じるでしょう。

 

ますたん
本支店会計が解けるようになっていることが前提なので、本支店会計を先に覚えておくと良いです♪

 

一方で、在外支店は換算があるので、逆に難しくない場合もあります。

 

ますたん
冷静に判断していく必要があるでしょう♪

 

結論

結論から言えば、出題形式を冷静に分析することです。

 

1.在外支店における会計処理

在外支店における会計処理

 

在外支店は、海外にある支店です♪
ますたん

 

もちろん海外の通貨で取引をしているので、円に直す必要があります。

 

ますたん
簡単に考えれば、円と他の通貨では見づらいからです♪

 

また決算時の為替レートで換算すれば良いのではなく、適した為替レートを利用して行きます。

 

2.本支店会計

本支店会計

 

在外支店は、あくまでも支店であり本支店会計の延長線上です。

 

先に本支店会計を覚えておくと、換算などに集中できるでしょう♪
ますたん

 

一方で、試験などでは制限時間があるので、通常の本支店会計よりも簡単になりがちです。

 

ますたん
逆に難しい問題が出題された場合には、点数を拾っていく意識が大切になってきます♪

 

3.在外支店における解き方のコツ【3選】

在外支店における解き方のコツ【3選】

 

在外支店における解き方のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.レート換算

レート換算

 

先ずは、レート換算です

 

他国通貨を円に換算していかなければなりません♪
ますたん

 

在外支店の場合には、本店における会計処理を基本とします。

 

ただし、損益計算書項目を期中平均レートで換算したり、貸借対象表項目と損益計算書項目を決算時レートで換算する場合もあるのです。

 

細いレート換算はここでは割愛しますが、ややこしいので曖昧だと解けないかもしれません。

 

ますたん
基本的には指示に従えば良いですが、出来る限り全て覚えてしまいましょう♪

 

3-2.答えない項目

答えない項目

 

次に、答えない項目です

 

基本的に答えられるものは全て回答するべきと言えます。

 

一方で、「為替差損益」は貸借対照表から損益計算書に至るまで、完璧に解答しなければでない項目です♪
ますたん

 

このように他の項目を計算しなければでない場合には、注意が必要と言えます。

 

ますたん
他にも出題形式によって出づらい項目が変わってくるので、似たような出題をチェックしておくと良いでしょう♪

 

3-3.直ぐに出る項目

直ぐに出る項目

 

最後に、直ぐに出る項目です。

 

基本的には貸借対象表項目は解答しやすいと思います。

 

なぜなら、期中における取引を追うというよりも、決算時における金額だからです。

 

また、損益計算書項目ではあまり取り扱わない特別損益項目などは、一つの会計処理で解答できる可能性が高く解答しやすい箇所と言えます。

 

あらかじめすぐに出る箇所を知っておけば、難しい出題にあった時にも冷静に解答できるでしょう♪
ますたん

 

結論:出題形式を冷静に分析する

 

在外支店における解き方のコツ【3選】

・レート換算

・答えない項目

・直ぐに出る項目

 

在外支店の出題だからといって全ての問題で難しいわけではありません。

 

ますたん
在外支店は換算をメインとし、決算時における処理は繰延内部利益や内部取引だけの場合も考えられるでしょう♪

 

このような場合には、本店における決算時の処理を行い換算後の在外支店の金額を加算するだけです。

 

簡単な問題はミスのないように、難しい問題は部分的に解けるように、日頃から訓練を積んでいく必要があります♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog