(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記を忘れた時の対処法【3選】

 

 

簿記をせっかく勉強したのに忘れてしまった。

 

ますたん
そんな時は誰にでもあると思います♪

 

一方で出来る限り忘れることをなくし、対処法を講じていかなければいけないのも事実です。

 

結論

結論から言えば、忘れたとしても多少なりとも記憶として頭の中に残っていることが多いので心配は要りません。

 

1.簿記を忘れてしまった時

簿記を忘れてしまった時

 

簿記を勉強していると様々なことを忘れてしまいます。

 

忘れてしまいがちなこと

・会計処理の判断基準

・表示場所

 

リースの場合には、所有権が移転するかどうかで計上基準が変わってきます。

 

大きい方か小さい方かなど、迷ってしまう事は多々あるでしょう♪
ますたん

 

貸倒引当金繰入額や貸倒引当金などは、表示する場所を迷いがちです。

 

ますたん
例をあげましたがその他にもたくさん忘れやすいことは簿記にはあります♪

 

2.簿記は忘れやすい

簿記は忘れやすい

 

なぜ簿記は忘れやすいのか?

 

単純に覚えることが多いからでしょう♪
ますたん

 

細かいところまで覚えていると、基本的な内容を忘れていることもあります。

 

ますたん
出来る限り基本的な内容を忘れないように、工夫して勉強を行なっていく必要があるでしょう♪

 

3.簿記を忘れた時の対処法【3選】

簿記を忘れた時の対処法【3選】

 

簿記を忘れた時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.問題を解く

問題を解く

 

先ずは、問題を解くです

 

簿記を忘れた場合には、どの部分を忘れてしまったのか把握する必要があります。

 

問題を解くことで実践的にどこがわからないのか理解できるようになるでしょう♪
ますたん

 

忘れた内容がわからなければ改めて学ぶことができません。

 

ますたん
忘れた内容を把握するためにも問題を解いて具体的にどこがわからないのか理解していきましょう♪

 

3-2.テキストを見返す

テキストを見返す

 

次に、テキストを見返すです

 

問題を解いて忘れた内容をテキストを通じて見返してみましょう♪
ますたん

 

忘れた内容は思い返すと大変に感じますが、1度覚えたことは知っているので見返せばすぐに頭に入ってきます。

 

ますたん
知っていることを繰り返していくと自然と知識となり、活かしていけるでしょう♪

 

基本的には問題から思い出すことが実践的に考えられるので大切ですが、テキストで頭を整理できるので必要と言えます。

 

3-3.論理づける

論理づける

 

最後に、論理づけるです

 

体系的に理解していない場合には、頭からなくなってしまいがちでしょう♪
ますたん

 

周辺知識と関連付けて理解できるようにしていく必要があります。

 

ますたん
計算を論理的に考えていくと理解しながら計算を進めていけるでしょう♪

 

理解している計算は忘れることを減らしていけるようになるはずです。

 

結論:冷静に対処して改善していく

 

簿記を忘れた時の対処法【3選】

・問題を解く

・テキストを見返す

・論理づける

 

忘れたからといって焦る必要はありません。

 

忘れている部分を適切に把握して対処していくことが大切です♪
ますたん

 

闇雲にテキストを見ると非効率な結果になるかもしれないので、注意が必要と言えます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog