Think(考える)

長文が頭に入ってこない場合におけるすぐできる対処法【3STEP】

 

 

ますたん
長文を読むのが苦手な人は多いです♪

 

ですが、ちょっとした方法を知っていれば簡単に長文を読むのが得意になるのです。

 

結論

結論から言えば、長文を分解して細かい文章にしていくことで、長文を長文でなくしてしまうことが出来るのです。

 

1.長文が頭に入らないとは

長文が頭に入らないとは

 

長文と一概に言っても色々な種類があります。

 

長文の種類

・本

・文章題

・会議資料

 

このような長文を読むのが得意と言う方は、何らかの方法を身に着けている方です。

 

ますたん
基本的には頭に入らないという方が多いですから、自分だけではないとひとまず安心してください♪

 

2.なぜ頭に入らないのか

なぜ頭に入らないのか

 

ますたん
先に注意してもらいたいのが、視力などです♪

 

個人的に目が乱視であることに気付かずに、文章を読むと気分が悪くなってしまっていた時があります。

 

そのような方は先に眼科に行って相談してみてください

 

そのようなことがない場合には、文章が全体として目に入ってしまって、情報が多すぎるというのがあります。

 

ですから、ひとつひとつ丁寧に読んでいく必要があるのです。

 

3.長文が頭に入ってこない場合におけるすぐできる対処法【3STEP】

長文が頭に入ってこない場合におけるすぐできる対処法【3STEP】

 

長文が頭に入ってこない場合におけるすぐできる対処法【3STEP】は、以下の通りです。

 

3-1.大きなくくり

大きなくくり

 

先ずは、大きなくくりです

 

しっかりしている文章というのは、必ずくくりがあります。

 

ますたん
ですから、最初にそのくくりを見付けてみましょう♪

 

そうすることで、文章を書いている方の意図が見えてきます。

 

大きなくくりから小さなくくりまで最初に見てしまうのが得策です。

 

3-2.形で区分

形で区分

 

次に、形で区分することです

 

ますたん
そのくくりを頭の中で形にしてみましょう♪

 

書いても良いのでしたら、色分けして四角で囲ってみてください。

 

その時点で長文ではなくなってきているはずです。

 

情報を区切って形として捉えることが重要です。

 

3-3.形ごとに内容を把握

形ごとに内容を把握

 

最後に、形ごとに内容を把握することです

 

形で区切ってしまったら、あとは内容を把握するだけです。

 

どうしても文章の塊は頭に入りづらいです。

 

ますたん
ですから、焦らず一文ずつ把握しましょう♪

 

そして、形でくくったところをひとつの区切りと見れば読みやすいはずです。

 

結論:くくりと形をうまく活用する

 

長文が頭に入ってこない場合におけるすぐできる対処法【3選】

・大きなくくり

・形で区分

・形ごとに内容を把握すること

 

長文は、慣れていないと読むのが大変です。

 

ですから、このコツを知っているだけで全然違います。

 

見た瞬間に拒絶してしまうのが普通です。

 

ますたん
冷静になって無心で今回のステップをしてみてください♪

 

きっと読めるようになっているはずです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog