Think(考える)

試験がダメだった場合に必ず行うべきこと【3選】

 

 

ますたん
あなたは試験がダメだった時落ち込みますか?

 

ですが落ち込む必要全くないのです。

 

結論

結論から言えば、今回の試験で得たものを、積極的に活かしていく必要があります。

 

1.試験がダメだった場合とは

試験がダメだった場合とは

 

試験を受けて不合格だった場合や、自己採点の結果思わしくない成績とわかった場合です。

 

ますたん
そのような時に落ち込んでしまう方が多いでしょう♪

 

ただそのタイミングでどう考えていくかが今後の生き方に影響してきます。

 

ますたん
試験がダメでも特に問題はありませんので落ち込まずに行きましょう♪

 

2.落ち込んでしまう理由

落ち込んでしまう理由

 

もちろん努力をした結果報われなかったからです

 

ただこれは悪いことだけではありません。

 

なぜなら自分が知らないことをそのまま放置しておかずに済むからです。

 

実際理解していないのに合格してしまうほどもったいないことはありません。

 

ますたん
しっかりこの機会に覚えて実際の生活に活かしていく必要があるのです♪

 

3.試験がダメだった場合に行うべきこと【3選】

試験がダメだった場合に行うべきこと【3選】

 

試験がダメだった場合に行うべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.傾向分析

傾向分析

 

先ずは、傾向分析です

 

試験には色々な傾向があります。

 

実務的な論点が出題されているのか学問的な論点が出題されているのか。

 

ますたん
全に二分できることはありませんが、いろいろ分解して考えてみましょう♪

 

傾向がわかれば、試験を勉強する際における方向性を決めてくれます。

 

ますたん
傾向の分析を行っていく必要があるわけです♪

 

3-2.自分が分からなかったところ

自分が分からなかったところ

 

次に、自分が分からなかったところです

 

落ち込んでいていけないのは自分がわからなかったところを忘れてしまうことです。

 

試験をせっかく受けに行ったのですから自分がわからなかったところをしっかり覚えておきましょう。

 

試験は試験と割り切るのではなく勉強の一環だと考えておく必要があります。

 

ますたん
傾向の分析を行っていく必要があるわけです♪

 

3-3.ミスを減らす工夫

ミスを減らす工夫

 

最後に、ミスを減らす工夫です

 

どんな方でも必ずミスはします。

 

ますたん
そこで重要なのがミスをいかに減らせるか工夫していくことだと言えるのです♪

 

これは自分の動作をバカにせず一つ一つ分解して、考えておくことです。

 

正しいものを選ぶ場合、間違っているものを選ぶ場合、このようなわかっているのにしてしまうミスをなくすことが重要なのです。

 

結論:落ち込むよりも次の対策を

 

試験がダメだった場合に行うべきこと【3選】

・傾向分析

・自分が分からなかったところ

・ミスを減らす工夫

 

落ち込むなと言われても無理かもしれませんが次の対策をすることで、また落ち込む可能性を減らせます。

 

ここで対策を行わなければ、せっかく受けた内容から学ぶことが出来ずにまた同じことを繰り返します。

 

合格不合格が重要なのではなく今回の失敗を次は成功することが大切なのです。

 

ますたん
それを頭に置き勉強を継続していきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog