Bookkeeping(簿記)

理論を勉強する際にオススメな環境【3選】

 

 

ますたん
理論の勉強は眠くなる方も多く、苦手とするかたは多いです♪

 

そんな時でも環境について考えていけば、理論を勉強するのが得意になります。

 

結論

結論から言えば、しっかり考えられる環境を作っていくのが大切です。

 

1.理論の勉強とは

理論の勉強とは

 

筆者の学んでいる公認会計士にも理論の勉強があります。

 

簡単に言えばそれはなぜなのかなど、理屈についてより深く考えることです。

 

考えることが苦手な方は理論がとても嫌いでしょう♪
ますたん

 

ですが、考え方を知らないだけであり、環境を整えて考え方を学んでいけば楽しく勉強できます。

 

2.理論の勉強法

理論の勉強法

 

ますたん
理論は、現実的に考えるのがポイントです♪

 

机の上で勉強を行っていると現実のことのように思えないので、頭に入ってきません。

 

人は体験したものだと、すんなり考えられることが多いです♪
ますたん

 

つまり、小学生の時におこなった理科の勉強も、実験をすると一目瞭然だったことを思い出してください。

 

このように現実世界からかけ離れているように感じる勉強こそ理論は頭に入ってこないのです。

 

3.理論を勉強する際にオススメな環境【3選】

理論を勉強する際にオススメな環境【3選】

 

理論を勉強する際にオススメな環境【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.現場

現場
 

先ずは、現場です

 

ますたん
関連性のある現場に足を運んで現実を見てみましょう♪

 

簿記であれば、お店に足を運ぶことで現実味が増します。

 

なぜならいつも会計処理を行っている、陳列棚のような固定資産もありますし、商品が売られているからです。

 

それが教科書にどのように載っているのか、その発想で考えていくと良いでしょう。

 

3-2.お風呂

お風呂

 

次に、お風呂です

 

お風呂は個室の空間であり、基本的には一人で入ります♪
ますたん

 

つまり集中して理論の勉強ができるのです。

 

ますたん
濡れてしまうので教科書を持ち運びたくない場合でも、1度勉強したりの内容を頭で思い出してみましょう♪

 

教科書を見た回数というよりも頭の中で浮かべた回数で思い出し暑くなってくるはずです。

 

3-3.運動中

運動中

 

最後に、運動中です

 

運動している時には体を動かしているので、あまり細かいことは考えられないかもしれません♪
ますたん

 

ですが、逆に1つのことを考える場合には向いています。

 

勉強ばかりしていると体調が悪くなることもあるので運動は必須です。

 

勉強をしながら運動をすれば一石二鳥と言えます。

 

ますたん
もちろん周りに配慮して、怪我をしないように注意はしましょう♪

 

結論:理論は楽しい

 

理論を勉強する際にオススメな環境【3選】

・現場

・お風呂

・運動中

 

理論を苦手としている方は、理論がわからない方であり理論の勉強が嫌いな方でしょう♪
ますたん

 

理論を勉強しやすい環境を見つけて得意になってしまえば良いのです。

 

ますたん
自分ができることを嫌いな方はなかなかいないと思いますので、できるようになれば楽しくなってきます♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)

© 2022 masutannblog