Think(考える)

【真実】見返りを求めないほうが良い本当の理由【3選】

 

ますたん
見返りは求めないほうが良いとよく言われます♪

 

ですが、なぜそのように言われるのでしょうか。

 

結論から言えば、相手に見返りを求めないでも勝手に返ってくる関係性が望ましく、見返りを求める必要がない状態を作っていく必要があるのです。

 

1.見返りとは

見返りとは

 

相手のことを考えて何かやってあげようと思ったときに、これをやれば自分にもなにかやってくれるだろうと考えることです

 

見返りを求めながらなにかやると、相手が返してくれなかったときにがっかりしてしまうでしょう。

 

ますたん
ですが、相手にとってはやって欲しいこととやって欲しくないことがあります♪

 

実際には、受け手がやって欲しいこととやって欲しくないことの有無に関わらず、有難く考えられれば一番良いです。

 

ですが、その考えを相手に押し付けることはできません。

 

ですから、相手の気持ちを考えて一方的に何かやってあげるなら良いですが、返ってくることを前提に考えると、お互いに良い結果を生まないのです。

 

2.見返りを求めないために

見返りを求めないために

 

見返りを求めないためには、返ってこなくても良いように相手のことを考える必要があります

 

そして、見返りのない範囲で相手の助けを行う必要があります。

 

ますたん
また、なにより良好な関係でしたら返ってくるのが当然になります♪

 

ですから、実際には見返りを求めないのではなく、勝手に返ってくるから気にしなくて良い状態が正しいのです。

 

相手に対して9やって1やらないと損をする【理由と対策3選】

続きを見る

3.見返りを求めないほうが良い本当の理由【3選】

見返りを求めないほうが良い本当の理由【3選】

 

見返りを求めない本当の理由【3選】は、以外の通りです。

 

3-1.見返りのない関係性

見返りのない関係性

 

先ずは、見返りのない関係性です

 

見返りのある関係性が良好な状態なので、見返りのない関係性は基本的にはいりません。

 

ますたん
自分を考えてみればわかるはずですが、相手が何かやってくれたらその人に返そうと考えますよね♪

 

大人は、それが当然にできるのです。

 

ですから、人それぞれ状況がある中で相手のことを考えて行動しています。

 

お互いに支えあえる関係性を維持していきましょう。

 

3-2.損得勘定

損得勘定

 

次に、損得勘定です

 

見返りを考える方は、何かしてくれれば良いと考えないです。

 

ますたん
ですから、金額などで考えがちになります♪

 

そうなると精神的にも疲弊してしまいますし、良い状態とは言えません。

 

損得や見返り関係なしに、「いつもお世話になっております。」と言えることが大切です。

 

3-3.奉仕の心

奉仕の心

 

最後に、奉仕の心です

 

相手のことを考えて行動するというのは簡単なことではありません。

 

なぜなら、やってあげて有難いと思ってもらえるとは限らないからです。

 

ますたん
ですから、相手のためになれるように考えて行動していけるように考えましょう♪

 

そこでは、相手のやってほしいことと違う行動を取ってしまっても訂正して行動していく必要があります。

 

ますたん
感謝されなくても行うことが大切なのです♪

 

まとめ

 

見返りを求めないほうが良い本当の理由【3選】

・見返りのない関係性

・損得勘定

・奉仕の心

 

ますたん
このように、見返りを求めないほうが良いと言われるのには、奉仕の心が必要です♪

 

そこでは、損得勘定関係なしに相手が良い方向に向けるように行動していくことが大切です。

 

ですが、自分も忙しい中で行うのですから、行うことと人は選ぶ必要があります。

 

そして、余裕をもって行える範囲に留めましょう。

 

でなければ、自分の限界を超えてしまっている部分は、また他の方に迷惑をかけてしまうからです

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^♪

 

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog