Think(考える)

圧迫面接に対する正しい対処法【3選】

 

 

面接を受けた際に、面接官が圧力をかけてくることがあります。

 

ますたん
昨今では減っているとはいえ、圧力を感じた際にはどのように対処していけば良いのでしょうか♪

 

結論から言えば、圧迫面接だからといって特別何かをしなければいけないわけではありません。

 

1.圧迫面接とは

 

面接官が、相手の努力を否定したり、圧力をかけてくる面接です♪
ますたん

 

他にもわざと話しが通じないことを装ってみたりと、さまざまな種類があります。

 

ますたん
普通にこのような人がいればストレスが溜まってしまうでしょう♪

 

ですがそれが面接の場合には適切に対処していかなければなりません。

 

2.圧迫面接は感じ方に依存

 

圧迫面接とはいえ、圧迫面接をしようと面接官が思っていない場合もあります♪
ますたん

 

いじめを考えてみてください。

 

ますたん
相手がいじめるつもりがなくてもいじめられている側がいじめられていると感じればそれはいじめです♪

 

いじめではありませんが性質上、圧迫面接もこれに近いものがあり、受けている側が圧力を感じればそれは圧迫面接かもしれません。

 

いずれにしても、このような面接を乗り越えてまでそこに身を置きたい場合には、適切な対処が必要なのです。

 

3.圧迫面接に対する正しい対処法【3選】

 

圧迫面接に対する正しい対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.気にしない

気にしない

 

先ずは、気にしないです

 

基本的に相手がどのような接し方であっても気にする必要はありません。

 

生活していれば様々な人がいることは分かる筈です♪
ますたん

 

日常関わりたくない人が、職場にいないとは限りません。

 

つまり、どんな人を相手にしても問題なく受け答えできるように考えておく必要があります。

 

3-2.ロジカルに伝える

ロジカルに伝える

 

次に、ロジカルに伝えるです

 

一見否定して何も聞いていないように感じたとしても、わざとしている場合にはよく聞いています。

 

つまり、あなたのペースを乱そうとしているわけです。

 

それで一喜一憂してしまえば、相手の思うつぼかもしれません。

 

ますたん
感情を揺さぶられることなく、ロジカルに想いを伝えていきましょう♪

 

3-3.否定するところは否定

否定するところは否定

 

最後に、否定するところは否定です

 

相手の言っていることをよく聞く必要はあります。

 

ただし、全てに賛同しなければいけないわけではありません。

 

否定するべきところはしっかり「NO」を言いましょう♪
ますたん

 

この人は自分の意見を持っていないのかと思われてしまう危険があります。

 

結論:圧迫面接に感じても気にしない

 

圧迫面接に対する正しい対処法【3選】

・気にしない

・ロジカルに伝える

・否定するところは否定

[/st-mybox

 

どんな面接であったとしても自分のペースを乱されないようにすることです。

 

ますたん
今まで行なってきた努力は無駄になりません♪

 

しっかり努力してきた内容やビジョンを伝えましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog