Think(考える)

hタグとは?初心者の内から覚えるべき使い方【3選】

目次

 

ますたん
初心者のうちはhタグと言われても何かわからないですよね♪

 

ですが、最低限のことは最初から分かっていたほうが良いことがあります。

 

結論から言えば、難しいことは置いておいて本を書くように考えて基本的なことを抑えていくと、分かりやすくかつ間違えずに済むのでおすすめです。

 

1.hタグとは

hタグとは

 

ますたん
hタグとは見出しと言われ、それぞれの文章のタイトルと考えれば間違いないでしょう♪

 

hタグを正しく利用することが望ましいとされています。

 

難しく考えると分からなくなってしまうので、本の構造のように考えてしまいましょう。

 

そうすれば、単純明快で分かりやすくなってくるはずです。

 

2.なぜ使い方があるのか

なぜ使い方があるのか

 

ますたん
ここでも難しいことは置いておいて考えていきましょう♪

 

基本的には以下の2つの理由があります

・グーグル側に何が書いてあるか伝える

・見ている人が読みやすい

 

ますたん
見出しの使い方で読みやすい文章を書いていく必要があります♪

 

グーグル側も見ている人に見やすくなるような有益なサイトを上に表示したいわけですから、それを伝えるためにも見出しを正しく使う必要があるのです。

 

3.初心者のうちから覚えるべき使い方【3選】

初心者のうちから覚えるべき使い方【3選】

 

初心者の内から覚えるべき使い方【3選】は以下の通りです。

 

3-1.h1は1記事1回

h1は1記事1回

 

先ずは、h1は1記事1回です

 

ますたん
h1はタイトルにあたる部分であり、タイトルを入力したのならもう使用しています♪

 

本に例えるなら表紙に表示されている、本のタイトルです。

 

その本のタイトルが2つあることは基本的にありえませんよね。

 

ですから、何について書いてあるのか大きな見出しがh1であり、それは1記事1回です。

 

ますたん
タイトルを書いたら後はh1ではなく、記事内ではh2から書き始めましょう♪

 

3-2.hの順番

hの順番

 

次に、hの順番です

 

hの順番は大きな数字に小さな数字が入るように考えましょう。

 

また、本を想像してみてください

・章の中に節があり、その中に項がある

・1の中に1-1があり、その中に1-1-1がある

 

このように、大きなくくりの中に小さなくくりがあるのです。

 

ますたん
その本のタイトルが2つあることは基本的にありえませんよね♪

 

3-3.全部使わなくても良い

全部使わなくても良い

 

最後に、全部使わなくてもよいことです

 

h2~h6までを繰り返し使用していると細かくなって分かりづらいことがあります。

 

伝えたいことをh2・h3・h4位まででまとめておき後はpで通常の文章として書いていくことが良いでしょう。

 

細かく説明することは大切ですが、それを見出しとすると意味が変わります。

 

ますたん
見出しはその中に伝えたい内容を書くタイトルの感覚だからです♪

 

まとめ

 

初心者のうちから覚えるべき使い方【3選】

・h1は1記事1回

・hの順番

・全部使わなくても良い

 

初心者のうちは見出しやhタグ何て言われてもわかりずらいです。

 

ますたん
ですが、本ってどうなってるのかを考えていけば、難しいこともありません♪

 

その発想で行けば基本的には間違いありません。

 

なぜなら、どちらも見ている方が理解しやすいように努力していることだからです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog