Think(考える)

本を捨てるのがもったいない!捨てる本の選び方【3選】

 

 

本屋さんで大切な本に出会った場合捨てるのはもったいないですよね。

 

ますたん
本一冊一冊に購入したストーリーがあります♪

 

ですがあまりにも本が増えすぎてしまった場合捨てなければいけないケースもあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、もう1度手に取ることができるものに関しては、基本的には捨てても問題ないです。

 

1.本を捨てるのがもったいない

本を捨てるのがもったいない

 

読みたくて買った本ですから捨てるのは基本的にもったいないと感じてしまうでしょう♪
ますたん

 

中古の本として販売したり、誰かにプレゼントすることも可能です。

 

ますたん
量が多かったりすると、その場で全て綺麗に整頓したくなることもあるでしょう♪

 

ですが、思い入れのある本たちを捨てるのは意外と勇気のいることです。

 

2.電子書籍

電子書籍

 

本は買えば増えてしまいます♪
ますたん

 

初めから増えない選択肢も取り入れてみると良いです。

 

電子書籍であれば本は増えないので、持ち運びも便利で万能といえます。

 

ですが、本を読む習慣のある方にとって紙としての本はかなり捨てがたいです。

 

ますたん
整頓をしながら捨てる本を選んでいきましょう♪

 

3.捨てる本の選び方【3選】

捨てる本の選び方【3選】

 

捨てる本の選び方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.長い期間読んでない

長い期間読んでない

 

先ずは、長い期間読んでないです

 

本は新しいものを購入していけば古いものが残っていきます♪
ますたん

 

そういえば全然読んでなかったという本もあるでしょう。

 

ますたん
たまに持ち出して読んでみると面白いものですが、それを言い出したらきりがありません♪

 

長期間読んでない本というのは、この先読まない可能性も高いです。

 

思い返して読むこともあるかもしれませんが、日頃から読んでいる本があれば、読まない本が積み上がっていきます。

 

思い切って積極的に整理してしまうと良いでしょう。

 

3-2.また購入できる

また購入できる

 

次に、また購入できるです

 

絶版のようになっていない限り、基本的にはまた購入することが可能と言えます。

 

また購入できるのであれば読みたくなったら買えば良いわけです♪
ますたん

 

確かに再度購入する時には費用を要します。

 

ますたん
ただし、再度購入する必要がないと感じるものがほとんどでしょう♪

 

本当に自分にとって必要だったのかを把握するためにも一度処分してしまうのもありです。

 

3-3.過去のテキスト類

過去のテキスト類

 

最後に、過去のテキスト類です

 

過去のテキスト類はほとんどのケースで捨ててしまっても良いかもしれません。

 

なぜなら、テキストには普遍的な知識が多く、時代とともにそこまで内容が変わらないからです♪
ますたん

 

もし変わっているのであれば、変わっているテキストを購入すれば良いと言えます。

 

ますたん
慣れ親しんでいて定期的に見直しているものなどを除き、処分してしまうのが吉です♪

 

結論:シンプルに整頓

 

捨てる本の選び方【3選】

・長い期間読んでない

・また購入できる

・過去のテキスト類

 

基本的にはまた買えば良いと考えていた方がシンプルです♪
ますたん

 

その方が本を楽しむことができるかもしれません。

 

ますたん
お世話になった本に感謝をして、新たな本との出会いを探しに行きましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog