(Cost accounting)原価計算 (Financial accounting) 財務会計 (Management Accounting) 管理会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

公認会計士試験(短答)を効率的に勉強する方法【科目別】

 

 

公認会計士試験(短答式)は膨大な量の勉強を要します♪
ますたん

 

そのため効率的な勉強を心がける必要があるのです。

 

参考

結論から言えば、点数アップするためには科目別に性質を捉えて的確な勉強を行うことが重要です。

 

1.公認会計士試験(短答式)とは

公認会計士試験(短答式)とは

 

公認会計士試験(短答式)は、公認会計士試験の一次試験と言えます。

 

ますたん
合格率が1割前後であり難関な試験です♪

 

法律などに関し専門的な知識を要するため、5000時間程度の勉強が必要と言われます。

 

点数アップさせるためには、科目別に考えていくことが大切です。

 

2.闇雲な勉強は絶対NG

闇雲な勉強は絶対NG

 

とにかくがむしゃらに勉強をやっていこうと考えている方も多いでしょう♪
ますたん

 

ただし、闇雲な勉強は絶対にNGと言えます。

 

今まで無理をして勉強をされてきた方でも、この程度の勉強量になってくると体調を壊してしまう危険すらあるのです。

 

また勉強をしたのにも関わらず覚えていないことも増えてきます。

 

ますたん
少ない勉強量で多くの量を覚えていけるように効率を重視していきましょう♪

 

3.公認会計士試験(短答)を効率的に勉強する方法【科目別】

公認会計士試験(短答)を効率的に勉強する方法【科目別】

 

公認会計士試験(短答)を効率的に勉強する方法【科目別】は、以下の通りです。

 

3-1.企業法

 

先ずは、企業法です

 

企業法では会社における法律について学びます。

 

  • 会社法
  • 商法金
  • 融商品取引法

 

これらの法律を覚える為には暗記ではなく理解です。

 

条文を正確に読み、基礎を大切にしていく必要があります♪
ますたん

 

【公認会計士】企業法(短答)で点数を伸ばす方法【3選】

 

3-2.管理会計論

 

次に、管理会計論です

 

ますたん
管理会計論は会社において原価計算や意思決定を行う為に利用します♪

 

昨今の試験では、難化しているので全部解かないのがコツです。

 

解く問題を決めて、肝心な1問目に時間をかけましょう♪
ますたん

 

また、計算が難しく差がつくのは理論です。

 

ますたん
簡単な問題を落とさないように気を付けましょう♪

 

【短答】公認会計士試験の管理会計で得点を取るポイント【3選】

 

3-3.監査論

 

さらに、監査論です

 

監査論は公認会計士においてメインといえます♪
ますたん

 

出題としては安定しているとは言えないかもしれません。

 

1番点数に反映されずらい科目である為、決まり事として捉えて1つのことにこだわり過ぎないように、こなしていく必要が有ります。

 

また、監査論特有の単語のような言い回しがあるのには注意が必要です。

 

【短答】監査論の効率的な勉強法【3選】

 

3-4.財務会計論

 

最後に、財務会計論です

 

財務会計論を征する者が公認会計士試験を征すと言われている通り、財務会計論だけ200点満点もあります。

 

ますたん
財務会計論では理論も点数が計算と同じだけ与えられているので、軽視できません♪

 

また、応用論点でも簡単な問題は解かなくてはなりません。

 

難しい論点を勉強し過ぎることなく、簡単な論点を深く勉強するのもコツです。

 

結論:科目別に勉強法を変える

 

それぞれ出題傾向や性質から勉強法が異なります。

 

勉強法を変えることでより効率的な勉強を行っていくことが可能です♪
ますたん

 

また、今回ご紹介したのは一例であり実際には自分に合った方法を模索する必要が有ります。

 

ますたん
自分に最適な勉強法を探していきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Cost accounting)原価計算, (Financial accounting) 財務会計, (Management Accounting) 管理会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog