(Cost accounting)原価計算 Accounting(会計)

『原価計算基準』を覚える際のポイント【3選】

 

ますたん
『原価計算基準』は、企業数で原価計算を行うにあたり、実践規範として役立ちます♪

 

どこの会社でも使えるように大切な所が書かれているんです。

 

結論

結論から言えば、押さえるべき簡単なポイントを押さえておくことが理解のためにとても大切と言えます。

 

1.『原価計算基準』とは

『原価計算基準』とは

 

原価計算を行うための基準であり、どの企業でも利用できるように書かれているものです。

 

簿記の試験では勿論、公認会計士の試験においても出題されます。

 

ただ覚えるにあたりとても理解しづらい内容が多いのです。

 

ポイントを押さえて的確に効率的な勉強を心がける必要があります♪
ますたん

 

https://kanjo.biz/528

 

2.完璧ではない

完璧ではない

 

原価計算基準は、読みづらく完璧とは言えない点があるのです。

 

昭和に作られているものであるため、時代背景を考えれば現代と適合しない点が多々あります。

 

ただしっかりそこは割り切って内容理解に努めていくことが大切です。

 

ますたん
完璧ではないということを念頭においておきましょう♪

 

3.『原価計算基準』を覚える際のポイント【3選】

『原価計算基準』を覚える際のポイント【3選】

 

『原価計算基準』を覚える際のポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.大きいものから小さいものに

大きいものから小さいものに

 

先ずは、大きいものから小さいものにです

 

本と同じく『原価計算基準』も、章・節のような構造になっています。

 

大きな枠から小さい枠に向かうように勉強をしていくことが大切です。

 

一番大きな枠は、「目的・一般基準」、「実際原価計算」、「標準原価計算」etcです。

 

このような大きな括りから攻めて行きましょう♪
ますたん

 

3-2.例外の処理は出題されやすい

例外の処理は出題されやすい

 

次に、例外の処理は出題されやすいことです

 

基本的には原則が大切なのは言うまでもありません。

 

ただ重要な処理は計算の方で出題されることが多いです。

 

やはり簿記は計算することが大切ですので、『原価計算基準』からの文章による出題は、例外が出題されやすいのでしょう。

 

ますたん
『こんな処理は聞いたことないぞ』というところは、実際の計算が分からなくてもせめて文字では、覚えておきましょう♪

 

3-3.覚えられない

覚えられない

 

最後に、覚えられないことです

 

『原価計算基準』は、量がとても多いので暗記することは効率が悪いと言えます。

 

ではどのように勉強すると思いますか?
ますたん

 

引っかかりやすい所を中心に学んでいくことが大切です。

 

ますたん
賦課や配賦等、調べて間違いやすい所は正確に覚えていきましょう♪

 

結論:穴埋め

 

『原価計算基準』を覚える際のポイント【3選】

・大きいものから小さいものに

・例外の処理は出題されやすい

・覚えられない

 

『原価計算基準』を書きなさいというのは、私は見たことがありません♪
ますたん

 

虫食いのような穴埋めです出されることが多いといえます。

 

ますたん
単語のようにして覚え、それが何を示しているのか理解していきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Cost accounting)原価計算, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog