(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【実体験】簿記を初めて勉強する人が必ず注意すべきこと【3選】

 

 

ますたん
簿記は特殊な勉強でとっつきづらいのが特徴です♪

 

誰しも初めて勉強する時には困惑してしまうでしょう。

 

結論

結論から言えば、あまり細かいことにとらわれず楽しく学んでいくことが唯一のコツかもしれません。

 

1.簿記初めて勉強する人とは

簿記初めて勉強する人とは

 

商業高校や経営経済学部の大学生なら学生のうちから勉強しているかもしれません。

 

また就職した際に経理に配属された場合にはそこで初めて簿記を知るかもしれないです♪
ますたん

 

資格として有名な簿記は名前は聞いたことがあるけど内容を知らないという方がたくさんいます。

 

簿記の内容は奥が深く勉強をするにあたって興味が湧いてくるはずです。

 

2.闇雲な勉強

闇雲な勉強

 

ますたん
楽しんで勉強することは大切ですが、闇雲な勉強は避けなければなりません♪

 

非効率的な勉強はいかに楽しんでいたとしても、後に結果が出ないことに落胆してしまいます。

 

日々の勉強の中で結果を感じ取れる方が良いですが、感じ取れない方は必ず効率的勉強を心掛けましょう♪
ますたん

 

試験で点数が取れるようになれば自分自身楽しくなり結果も出てくるのです。

 

3.簿記を初めて勉強する人が必ず注意すべきこと【3選】

簿記を初めて勉強する人が必ず注意すべきこと【3選】

 

簿記を初めて勉強する人が必ず注意すべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.哲学的視点

哲学的視点

 

先ずは、哲学的視点です

 

これは何なのかを考えていると勉強が進まなくなってしまいます。

 

ますたん
例えば資産とは何なのかを考えた場合、これは勉強ではなく研究の領域に入ってしまいます♪

 

哲学的視点から新たな発想が生まれることはありますが、試験の点数が上がることはなかなか望めません。

 

なぜなら試験は決まっていることが出題されるからです。

 

つまり何なのかを考えるのではなく、どうなっているのかを押さえる必要があります。

 

3-2.教科書丸暗記

教科書丸暗記

 

次に、教科書丸暗記です

 

教科書を丸暗記することは、問題が解けるようにはなりますか現実的ではないでしょう♪
ますたん

 

それよりも、問題を反射で解けるようにしたほうが有効です。

 

ますたん
つまり商品を売った時の仕訳を考えたてみましょう♪

 

売上の計上

①収益は貸方で増えるから右側に書く

②商品を売ったときは売上を計上する

③売上は収益だから貸方に書く

 

現金や預金の計上

①資産は借方で増えるから左側に書く

②商品を売った際に現金や預金を受け取る

③現金や預金は資産だから借方に書く

 

教科書ではこのような考え方で問題を解いていくことになります。

 

ですが実際にはここまで考えてる暇はありません♪
ますたん

 

商品の売上は貸方売上借方現金や預金という、仕訳全体を体が覚えている感覚です。

 

ますたん
問題集で特訓し体で覚えていきましょう♪

 

3-3.完璧主義

完璧主義

 

最後に、完璧主義です

 

簿記は自然科学ではないので絶対的という感覚は基本的にありません。

 

色んな関係があることを前提に、今こうなっているというだけの話です。

 

つまり経済的に変われば会計は簡単に変わってしまう可能性があります。

 

研究者によっても一人一人の考えが違っていたりしますので、もし矛盾に感じたところがあったとしても流しましょう♪
ますたん

 

なぜ矛盾に感じたかが後に分かるはずです。

 

結論:楽しく学んでいく

 

簿記を初めて勉強する人が必ず注意すべきこと【3選】

・哲学的視点

・教科書丸暗記

・完璧主義

 

正直はじめは楽しんで学んでいくことを重視することが必要と言えます。

 

ますたん
勉強したい時に勉強ししたくない時はしないぐらいの気持ちで、気楽に考えていきましょう♪

 

あくまでも現実的に考えて空想上のお話で終わらせないようにするのがコツです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog