(Management Accounting) 管理会計

【短答】公認会計士試験の管理会計で得点を取るポイント【3選】

 

 

ますたん
会計士試験の短答において管理会計は逃げです♪

 

ここで得点を稼いでやろうという方は少ないと言えます。

 

結論

結論から言えば、管理会計で稼ぐ必要はありませんが、逃げる必要もないと言えるのです。

 

1.管理会計とは

管理会計とは

 

管理会計とは原価の計算や意思決定など経営管理のために行われる会計です

 

法的に規制を受けるものではありませんが、会社で利益を追い求めていく際に大切と言えます。

 

ますたん
公認会計士試験の短答では、難易度が高くときづらい問題が多いです♪

 

そのため、苦手とする方が多い科目と言えます。

 

2.苦手な人が多い

苦手な人が多い

 

管理会計を苦手な人がとても多いです

 

計算科目なのにも関わらず、1時間という短い制約の中で解かなければならないからと言えます。

 

ますたん
理論を解き終えて、残り40分から30分程度の時間で計算問題を解くことになるのです♪

 

この短い時間でとかなければいけないという緊張感から頭が真っ白になり解けなくなることも多々あります。

 

1番大切なのは財務会計ですが、管理会計が足を引っ張らないように、ボーダーを狙える知識をつけていくことが大切です。

 

3.管理会計で得点を取るポイント【3選】

管理会計で得点を取るポイント【3選】

 

管理会計で得点を取るポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.理論強化

理論強化

 

先ずは、理論強化です

 

『原価計算基準』からの出題が4問程度あります。

 

ますたん
基本的には、出題範囲が決まっている場合、解けなければいけないと言えるのです♪

 

原価計算と管理会計に分けた場合には、管理会計の理論等は、見たこともない記述もあります。

 

『原価計算基準』からの出題は、大体の問題が見たことのある内容のため、間違わないように日頃から特訓していきましょう。

 

3-2.解く問題を決める

解く問題を決める

 

次に、解く問題を決めることです

 

ますたん
他の人が全体を見ている間に解き始めてしまうことで優位に立とうと考えます♪

 

ですが、地雷問題などに当たってしまった場合、1問も解けない結果となることもあるのです。

 

ますたん
部門別計算や標準原価計算などよく出題される簡単な問題を中心に考えましょう♪

 

試験本番でも全体を見て解く問題を決めて解くというのがとても大切です。

 

3-3.最初の1問に時間をかける

最初の1問に時間をかける

 

最後に、最初の1問に時間をかける

 

最初の1問が解けると安心感がでます。

 

ますたん
安心感があれば、いつもの力を発揮できるのです♪

 

1問すら解けないと焦ってしまい、パニックになってしまいます。

 

汗が止まらなくなり、目の前が真っ白になってしまったことが筆者も何度も体験してるので、冷静さが大切です。

 

結論:戦略的に進めましょう

 

管理会計で得点を取るポイント【3選】

・理論強化

・解く問題を決める

・最初の1問に時間をかける

 

原価計算管理会計等では、教科書を丸暗記してしまうのもポイントです。

 

ますたん
範囲もそこまで広くない上柔軟性がでてくるので、安心感があります♪

 

大変に思いますが実はそれが一番楽だったりするので実践してみてください。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計
-, , ,

© 2022 masutannblog