Accounting(会計)

【公認会計士】企業法(短答)で点数を伸ばす方法【3選】

 

 

ますたん
企業法において点数を伸ばすのは容易ではありません♪

 

ですが日々のコツコツ積み重ねが伸ばす方向へと導いてくれます。

 

結論

結論から言えば、アウトプット重視で問題を解いていくことが、点数を伸ばす方法と言えるでしょう。

 

1.企業法の点数とは

企業法の点数とは

 

公認会計士短答式試験において、企業法は100点満点です♪
ますたん

 

全体の合計点が500点満点なので、2割程度の配点と言えます。

 

財務会計論や管理会計論などの計算科目が難化している場合、企業法や監査論の理論で点数を稼いでおくことが必須です。

 

企業法を伸ばすことが合格への近道になる場合も大いにあります。

 

2.点数が伸びない状況

点数が伸びない状況

 

ますたん
公認会計士短答試験において、合格点付近にいる方は点数を伸ばすのが難しいといえます♪

 

なぜなら少し前の高得点を取らなければいけない試験から、簡単な問題を絶対に落とせない試験に変わってきているからです。

 

あくまでも傾向に過ぎませんが、合格点は下がってきています♪
ますたん

 

これは点数が取りづらくなってきていることを示し、もう難しい勉強になってきていると考えざるを得ません。

 

3.企業法で点数を伸ばす方法【3選】

企業法で点数を伸ばす方法【3選】

 

企業法で点数を伸ばす方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.条文を読む

条文を読む

 

先ずは、条文を読むです

 

ますたん
条文を読むと間違いのない情報が入ってきます♪

 

テキスト等はもちろん間違えているところはほとんどないですが、誤って解釈してしまうこともあるのです。

 

また、原文と解説書では異なると言われることがあります♪
ますたん

 

忠実に解説しようと考えて書いている場合でも伝えきれないぐらい、それだけ人に伝えることはとても難しいことなのです。

 

3-2.あくまでも基礎

あくまでも基礎

 

次に、あくまでも基礎です

 

基礎的な問題を間違えていないからと言って、深掘りしていくのはあまり良くありません。

 

深掘りしても点数が取れる可能性は低いと言えるからです。

 

ますたん
深掘りするよりも基礎的な論点を何度も反復しましょう♪

 

反射的に答えが出るくらいのレベルになれば、基礎レベルの問題は間違えずに解答できます。

 

3-3.暗記より理解

暗記より理解

 

最後に、暗記より理解です

 

正直一昔前の取れて当たり前のような問題ばかりの場合、表面的な暗記だけでも解けてしまいました。

 

ただ昨今の難化している問題ではこれが通用しません

 

暗記していることはもちろんのことをいかに理解しているのかが重要になってきます。

 

趣旨について考え、完璧主義になりすぎず反復しましょう♪
ますたん

 

結論:アウトプット重視、問題を解きまくる

 

企業法で点数を伸ばす方法【3選】

・条文を読む

・あくまでも基礎

・暗記より理解

 

ますたん
やはりアウトプット重視で問題を解きまくることが最短距離です♪

 

企業法は比較的インプットだけでも解けてしまうことも多いですが、より確実なインプットが必要になります。

 

アウトプット重視ですと、感覚で解けることもあるので、アウトプットを意識した勉強が必要でしょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-, , ,

© 2022 masutannblog