Work out(筋トレ)

【計画】筋トレメニューの注意点

筋トレを行う際には考えずに先ず初めてみることも

大切なことではあります。

 

ただ、効率的に行う為にはメニューを考えて

計画的に行うと良いでしょう。

 

今回はメニューを組む際の注意点をご紹介します。

 

1.部位別に組む

 

曜日別に組んでしまうと

急用が入ってしまった場合に

次の曜日まで飛んでしまうかもしれません。

 

日付別に組んでいると

同じく急用が入ってしまうと

ずれてしまいます。

 

ずらせば問題ありませんが

スケジュールする際にずらすのは

大変ですよね。

 

ですので、柔軟に対応できる

部位別をおすすめします。

 

どの組み方でも部位別が良い

ですが、ここでおススメするのは

部位の順番を決めておくということです。

 

あまり、詳細に決めずに順番だけ決めておけば

急用にも対応できますし

部位が飛んでしまうことはありません。

 

2.詰め込みすぎない

 

最初のうちは特に、1日にたくさん詰め込むと

散漫になってしまうかもしれません。

 

1つの部位に対して

何個かの鍛え方をプラスして行う場合もあるので

意外と集中が切れてしまいやすいです。

 

無理すると怪我にも繋がりやすくなってしまいます。

 

余裕を持った計画を意識していきましょう。

 

3.休養を計画に組み込む

 

疲労感などを感じた際に休みに

することもあると思います。

 

ですが、計画的に休む日を計画に

組み込んでしまうのもありです。

 

休養を入れない場合でも怪我を

してしまう可能性があります。

 

休養も筋トレの一環であると考えましょう。

 

ストレッチを行って筋肉をほぐしたり

睡眠時間をしっかりとって

良質な睡眠をとることも大切です。

 

4.結果も記録しておく

 

どこの部位を行うかとともに

どれくらいの重さを何レップ

何セット行ったのかを記録しておきましょう。

 

可視化されることで

ご自身が成長していることを

実感できると思います。

 

その成長を肌に感じていく

ことで、モチベーションにもなりますし

記録としても伸びていくはずです。

 

5.スケジュールに管理されないようにする

 

スケジュールを行うと

真面目な方は絶対に守らないといけないと

思ってしまうかもしれません。

 

その通りに行い過ぎて

ストレスを感じてしまうのは

良くないですよね。

 

ですので、あまり完璧主義に

ならず、組む必要があります。

 

スケジュールは管理するものであって

管理されてはいけないということです。

 

ですので、気楽に組んで

続かなかったら、変えれば良いんです。

 

気楽に気長に少しづつ

続けることが一番の近道です。

 

お互いに、焦らず一歩ずつ歩んでいきましょう♪

 

では、ご視聴ありがとうございます(*'ω'*)

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, , ,

© 2022 masutannblog