Work out(筋トレ)

【筋トレ】毎日行わなければいけないのか【頻度】

1.超回復が大切

 

筋肉も体の一部ですので壊せばつくわけではありません。

 

回復させることが必要です。

 

一般的にこれを「超回復」と呼び2~3日間休むことが必要であると言われています。

 

筋肉をつけるため筋トレのみをやり毎回限界まで追い込んでいる方は休ませることも必要かと思います。

 

毎日やっていて筋肉が大きくならなかったり重量が伸びなかったり目的に応じて異なりますが成長が見られなくなっていたら休養を間に入れて様子を見ると良いでしょう。

 

2.毎日やる場合は

 

毎日筋トレを行う場合は部位を決めて一度やったら何日間か間が空くようにスケジュールを組んでみると良いでしょう。

 

上手くスケジュールを組むとしっかり休ませることが出来て次行うときには回復していますので筋トレの効率が良いです。

 

スケジュールを組む際には出来る限り一部位ずつないし関連している部位をまとめて組むと良いと思います。

 

例えば、ベンチプレスで大胸筋を鍛えると上腕三頭筋も鍛えられます。

 

次の日に上腕三頭筋を鍛えようとしても疲れているので全力で鍛えることが出来ない可能性が有ります。

 

何日か休ませてから上腕三頭筋を組み込むか大胸筋と同じ日に行うか効率は良いと思います。

 

メリハリをつけて鍛える日は鍛える疲れている時は休ませるようにしましょう。

 

筋トレメニューを組む際に考えることは以下の記事でご紹介しています。

 

http://masutann.com/kinntoremenyuu/

3.短期は頻度・長期は継続

 

短期的に筋肉を成長させるために頻度はとても大切なことです。

 

ただ、長期的に一番大切なのは継続させることです。

 

頻度があまりにも少ない場合には成長していかない可能性もあります。

 

ただ、自分で成長していることが実感できる範囲でしたら頻度は自由に設定していけば良いと思います。

 

継続させる考え方に関しては以下の記事でご紹介しています。

 

http://masutann.com/keizokukanngae/

 

まとめ

 

絶対に毎日行わなければつかないというわけではない。

 

さらに、同じ部位を毎日やることで筋肉が成長するとは考え難いと思います。

 

ただ、コツを掴んで成長していく可能性はあります。

 

重量を上げるパワーリフターのような方は筋トレというよりもプラスしてコツがなければ重量はあがりません。

 

ですので、毎日やることでコツを掴み重量が上がるというのは大いにあると思います。

 

これに対して、筋肉をつけたい目的で筋トレをするのであれば同じ部位を毎日やることに関して私はおすすめしません。

 

1部位ずつ筋肉を適切に休ませて継続して行っていくことを大切にしていきましょう。

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(*^^*)

 

筋トレの頻度まとめ

・超回復が原則

・毎日やるなら部位を分ける

・長期的には継続が大切

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog