Think(考える)

経営がうまくいかない時に考えたい勘違い【3選】

 

 

ますたん
経営者になってみたものの、上手くいかないケースがあります♪

 

いくつか勘違いしている可能性が考えられるのです。

 

結論

結論から言えば、勘違いをなくし、正しい方向性に持っていければ経営を改善していくことができるかもしれません。

 

1.経営がうまくいかない状況

経営がうまくいかない状況

 

経営は絶対にうまくいくという状況にはならないのです。

 

どんな経営者が経営を行っていたとしても、失敗はあります♪
ますたん

 

失敗をしてはいけないのではなく、失敗に対する立ち向かい方が重要なのです。

 

中でも勘違いしていることは正しい方向性に軌道修正していくことが大切と言えます。

 

2.原因を分析する

原因を分析する

 

経営がうまくいかないからといって、前を向いて経営を行えば良い訳でもありません。

 

ますたん
新しい行動を起こす前に、うまくいかない原因を分析してみることです♪

 

原因を把握して正しい改善策を取らなければ同じ過ちを繰り返してしまいます。

 

失敗を二度繰り返さない方向性で考え直していくことが大切なのです。

 

3. 経営がうまくいかない時に考えたい勘違い【3選】

 

経営がうまくいかない時に考えたい勘違い【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.数字

数字

 

先ずは、数字です

 

経営では数字で管理していくことが定量的で有用と言えます。

 

ただし、経営がうまくいかない、よくあるパターンが、数字を重要視していることです♪
ますたん

 

短期的な数字を見すぎていると、長期的視点が抜けてしまいます。

 

経営は先見の明を持ち、正しい投資を行なっていかなければ上手くいくことはありません。

 

3-2.数をこなす

数をこなす

 

次に、数をこなすです

 

数をこなせばどうにかなると思っていると限界がきてしまいます。

 

なぜなら、大元を正せば行っているのは、人間であり、体力があるのです。

 

体力がなければ、経営は行っていけません。

 

ますたん
ただ、この体力をつければ良い訳ではなく、限界があることを把握していきましょう♪

 

そうすることで、おのずと効率を重視するようになり、経営がうまくいきやすいといえます。

 

3-3.経費削減

経費削減

 

最後に、経費削減です

 

経営がうまくいかない時に行いがちなのが経費削減です。

 

ただし、極度な経費削減は萎縮してしまう原因になります。

 

つまり、経費を使わないことで不自由になり、ストレスが溜まってしまうのです。

 

経費を使うことで効率的な経営が可能になっていることを把握しましょう♪
ますたん

 

経費を削減しすぎる前に売上をどのように上げていけば良いのかを模索する必要があるのです。

 

結論:とらわれない経営

 

経営がうまくいかない時に考えたい勘違い【3選】

・数字

・数をこなす

・経費削減

 

固定概念や一般的なやり方にとらわれていく必要はありません。

 

ますたん
各々の経営のやり方で最善を尽くせばよいのです♪

 

ただ、その中に勘違いしてうまくいかないことがあれば訂正していきましょう。

 

では、今回は以上です♪
ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog