Think(考える)

Webライターって何をしてるの?Webライターにおける仕事の種類【3選】

 

 

ますたん
Webライターは、なんとなく耳にしたことがある方が多いでしょう♪

 

ですが具体的にどのような仕事をしているのか知っている方は少ないかもしれません。

 

結論

結論から言えば文章を書いているだけではなく、構成を考えたり、校閲をしていることもあります。

 

1.Webライターとは

Webライターとは

 

Web上で文章を書くのがメインの仕事であり、パソコン操作が必要です。

 

ただ、パソコンの操作ができれば仕事ができるわけではありません♪
ますたん

 

基本的には文章について詳しくなる必要があり、相手が読みやすい文章を書ける必要があるのです。

 

ただ、Webライターの仕事はただ文章を書いているだけには留まりません。

 

2.Webライターは稼げる?

Webライターは稼げる?

 

ますたん
果たしてWebライターは稼げるのでしょうか♪

 

これに関してはどの業界でもさほど変わりはないかと思います。

 

大金を稼ごうと思えば業界を選ぶ必要はありますが、生活するだけのお金を確保しようと思う場合には、一つの業界で自分がいかに活動していくかが重要です。

 

いきなり稼げることはありませんが少しずつ積み重ねて行けば稼げるようになります。

 

3.Webライターにおける仕事の種類【3選】

Webライターにおける仕事の種類【3選】

 

Webライターにおける仕事の種類【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.文章構成

文章構成

 

先ずは、見出し構成です

 

どのようなことがよく検索されているのかを中心に、見出しを構成していきます。

 

見出しはタイトルであり、一番大きなタイトルはH1と表現されます。

 

その次にH2、H3と小さなタイトルになっていくと考えれば良いでしょう♪
ますたん

 

この見出しを決定するのもWebライターの仕事です。

 

3-2.執筆

執筆

 

次に、執筆です

 

ますたん
Webライターのメインの仕事とも言える文章の執筆です♪

 

文章の執筆は自分の書きたいことを書くのではなく読者がわかりやすい文章を書いていく必要があります。

 

文章自体読者に読んでもらって意味を成すので、誰も読まない文章を執筆しても意味がないのです。

 

誰もがわかる簡単な言葉で執筆していきます。

 

3-3.校閲

校閲

 

最後に、校閲です

 

他の仕事と比較すると少し難しく感じるかもしれません。

 

ただ基礎的な校閲でしたら、誰もができるでしょう♪
ますたん

 

誤字や脱字などが見ればすぐわかるからです。

 

ますたん
自分にはできないのではないかと考えるのではなく、やってみて判断しましょう♪

 

結論:執筆するのみではない

 

Webライターにおける仕事の種類【3選】

・文章構成

・執筆

・校閲

 

Webライターの仕事は細かいことを言えば画像の選定やスケジュール管理などもあります。

 

多種多様な仕事のもと、効率的に仕事をこなしていくことが大切です♪
ますたん

 

書いているだけの仕事のように感じますが、意外と頭を使っています。

 

ますたん
ただ経験していけば誰もができるようになるので物怖じする必要はありません♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog