(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記) 日商簿記3級

【借金】貸付金と借入金

 

 

借金というと一般的にはあまり良い印象はないかもしれません。

 

ますたん
ただ、企業は何か大きな目的を持って設立されます♪

 

その経営を安定実現させていく過程において必要になる場合が多いわけです。

 

また、お金を人に貸す側になって考えてみて下さい。

 

お金に関してだらしない人に貸すのは気が引けますよね。

 

ますたん
つまり、借金が出来るというのはお金を借りられるだけの信用があるとも考えられるわけです♪

 

今回はそのような「借入金」や「貸付金」について会計の視点から見ていきます。

 

1.借入金や貸付金

 

借入金や貸付金は『借用証書』を利用して行われる資金の借り入れ貸し付けです

 

お分かりかとは思いますが、お金を借りる側が「借入金」お金を貸す側が「貸付金」を計上します。

 

「借入金」は負債で返さなければいけない義務が発生します。

「貸付金」は資産で返して貰える権利が発生します。

 

資産と負債ですので、『貸借対照表』に計上されます。

 

2.手形借入金・手形貸付金

 

「手形貸付金」と「手形借入金」は『借用証書』ではなく『手形』を振り出して行われる金銭の借り入れや貸し付けです

 

基本的には会計上の処理は通常の「借入金」や「貸付金」と変わりません。

 

ただ、勘定科目が異なります。

 

「手形借入金」は負債で返さなければいけない義務が発生します。

「手形貸付金」は資産で返して貰える権利が発生します。

 

こちらも同様資産と負債ですので『貸借対照表』に計上されます。

 

3.会計処理

 

会計処理を例題を通じて確認していきましょう。

 

例1

銀行から借用証書により現金1,000,000円借り入れた。

 

買った時の処理

現金 1,000,000円 借入金 1,000,000円

 

例2

取引先へ借用証書により現金1,000,000円貸し付けた。

 

買った時の処理

貸付金 1,000,000円 現金 1,000,000円

 

例3

約束手形により現金100,000円借り入れた。

 

買った時の処理

現金 100,000円 手形借入金 100,000円

 

例4

約束手形により現金100,000円貸し付けた。

 

買った時の処理

手形貸付金 100,000円 現金 100,000円

 

また、借入金の返済や貸付金を返済して貰った時は逆仕訳になります。

 

例5

銀行から借用証書により現金1,000,000円借り入れていたが返済した。

 

買った時の処理

借入金 1,000,000円 現金 1,000,000円

 

例6

取引先へ借用証書により現金1,000,000円貸し付けていたが返済された。

 

買った時の処理

現金 1,000,000円 貸付金 1,000,000円

 

例7

約束手形により現金100,000円借り入れていたが返済した。

 

買った時の処理

手形借入金 100,000円 現金 100,000円

 

例8

約束手形により現金100,000円貸し付けていたが返済された。

買った時の処理

現金 100,000円 手形貸付金 100,000円

 

基本的には、このような会計処理になります。

 

ますたん
借入金や貸付金は利息も発生しますが簡潔に先ずは利息なしで理解されてみて下さい♪

 

取引パターンは多いものの会計処理として資産なのか負債なのかを見ていけばどれも似た会計処理です。

 

ますたん
簡単に頭で整理して覚えていきましょう♪

 

利息有りについては他の記事で紹介します。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(*'ω'*)

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記), 日商簿記3級
-, ,

© 2022 masutannblog