Accounting(会計)

どのように勉強したら良いかわからない!?会計における正しい勉強方法【3選】

 

 

会計と一概に言っても様々な種類があります♪
ますたん

 

会計の種類を適切に把握した上で自信が必要な知識を吸収していくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、多種多様な会計に関する知識を全て吸収することは時間がかかりすぎてしまうので、何を学びたいのかポイントを絞って勉強していきましょう。

 

1.会計とは

会計とは

 

会計には、公的な会計などもありますが基本的には企業会計のことを言います。

 

つまり会社においてどのように金額を駆使していくかです。

 

あまりにも大きな命題なので内容がつかみづらいかもしれません。

 

ますたん
会計の内容を少しずつ分解して自分が必要な知識を吸収しましょう♪

 

2.会計の種類

会計の種類

 

企業会計には、財務会計や管理会計などがあります。

 

財務会計は会社の外部の人に対して、今の財政状態や経営成績を報告するためにあります♪
ますたん

 

その中で複式簿記が利用されているのです。

 

これに対して管理会計は会社内部の経営管理者に対して、現在の状況を報告し、利益を探求していきます。

 

つまり管理会計は義務として行われるというよりも利益を追求するためにどのようにしたら良いのか考えていくのです。

 

3.会計における正しい勉強方法【3選】

 

会計における正しい勉強方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.結果から考える

結果から考える

 

先ずは、結果から考えるです

 

ますたん
自分がどのような理由で会計を勉強したいのかを明確にしましょう♪

 

勉強をした結果どのようになりたいのかが明確になれば勉強法は自ずと見えてきます。

 

結果が明確でない場合には、なんとなく勉強をすることになってしまうのです。

 

一般的には簿記の勉強を行い簿記検定を取得した後何をしたら良いのかわからなくなるでしょう。

 

3-2.繰り返す

繰り返す

 

次に、繰り返すです

 

多くの内容を勉強するよりも少ない内容を繰り返した方が余程有用と言えます。

 

これは自身の覚えられる量に限界があるからです♪
ますたん

 

多くの問題集やテキストを繰り返した方が良いと考えます。

 

ですが、実際には全てを把握することは不可能であり、繰り返し勉強をしている方に敵うことはありません。

 

3-3.アウトプットを重視

アウトプットを重視

 

最後に、アウトプットを重視です

 

自分がなぜ勉強をしなければいけないのかアウトプットを重視していきましょう。

 

実務に出てから勉強をした内容を活かせない方がとても多いです。

 

勉強をしているのは実務で役立てるためであり、机上の空論で終わらせてはいけません。

 

ますたん
勉強をしてどのように自分の人生に活かしていくのかを常に考えましょう♪

 

結論:全てを勉強する必要はない

 

会計における正しい勉強方法【3選】

・結果から考える

・繰り返す

・アウトプットを重視

 

会計の内容は多種多様でありすべてを勉強する必要はありません。

 

実務で会計が分からなければどのような会計がわからないのかを明確にしましょう♪
ますたん

 

資格を勉強するのであれば自身が目指している資格の範囲内で勉強をしていくことが重要です。

 

ますたん
この簡単なことを実際に守れる方は少ないので、明確にしていく必要があります♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました

スポンサーリンク

-Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog