Think(考える)

いじめられていた過去を忘れられない人がとるべき対策【3選】

 

 

ますたん
いじめを過去に受けていた方はトラウマになってしまうことも少なくありません♪

 

過去を忘れられず人との関わり方に困ってしまう方も多いのです。

 

結論

結論から言えば、過去にいじめの体験は消えることはないですが、経験として生きてくることも多いと言えます。

 

1.いじめられていた過去

いじめられていた過去

 

いじめられていた過去がある方は少なくありません。

 

いじめの基準はいじめられている側がいじめられていると感じた時です♪
ますたん

 

つまりいじめている側がその気がなくてもいじめはいじめと言えます。

 

現在にいじめられていないからよいわけでは無くいじめを受けていた場合には、永遠にその辛さを背負いながら生きていかなければならないかもしれません。

 

2.いじめは誰がいけないのか

いじめは誰がいけないのか

 

いじめはいじめられている側にも問題があると言われることがあります。

 

ますたん
ですが、これは稀なケースではないでしょうか♪

 

いじめられている側に何か問題があれば話せば良いだけですが、これがいじめに発展することが問題です。

 

いじめはいじめている側がいけないとはっきりさせていかなければなりません。

 

3.いじめられていた過去を忘れられない人がとるべき対策【3選】

いじめられていた過去を忘れられない人がとるべき対策【3選】

 

いじめられていた過去を忘れられない人がとるべき対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.成長を自覚する

成長を自覚する

 

先ずは、成長を自覚するです

 

いじめられていた側は、自分がなぜいじめられたのかを一生を通じて考えながら生活していきます。

 

その過程で間違いなく人への接し方や、物事の考え方を学ぶのです♪
ますたん

 

結果として成長していくことは言うまでもありません。

 

前向きに捉えるのであれば間違いなく成長していると考えられます。

 

3-2.力に変える

力に変える

 

次に、力に変えるです

 

いじめは人を成長させてくれるので、力に変えていくことができます。

 

ますたん
ですが悲観していては力に変えることはできません♪

 

いじめを理由に何もしなくなる危険すらあります。

 

いじめを言い訳にする時点で成長は見込めないので、自分の糧にしていく必要があるのです。

 

3-3.今を生きる

今を生きる

 

最後に、今を生きるです

 

過去のいじめは過去に行われていたことであり、実際には気にしても自分が辛くなるだけです。

 

つまり、如何に今を楽しめるかが一番大切と言えます♪
ますたん

 

これからもどんな人に出会うかは分からないので、良い人に出会える保証はありません。

 

自分が今を楽しみこれから出会う境遇に対抗していくかが重要になってくるのです。

 

結論:いじめられて良かった

 

いじめられていた過去を忘れられない人がとるべき対策【3選】

・成長を自覚する

・力に変える

・今を生きる

 

いじめにあって良かったわけないのですが、良い部分もあるのでそこだけ捉えましょう。

 

ますたん
いじめている側が平然としていたとしても、自分には関係がなく苦しみ続ければ今でもいじめを受けている状態と変わりません♪

 

辛い状態から抜け出すために今を楽しく生きれば良いのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog