Blog(ブログ) Think(考える)

個人事業主が注意したいクラウドワークスでかかる経費【3選】

 

 

個人事業主としてクラウドワークスで業務を行う場合、実際にいくら手元に入ってくるのかは重要なことです♪
ますたん

 

売り上げが上がったとしても経費がいくら引かれるのかを知っている必要があるでしょう。

 

結論

結論から言えば、システム利用料が一番大きいので、注目すべきと言えます。

 

1.クラウドワークスでの仕事

クラウドワークスでの仕事

 

事業主として、ライターなどを行う場合にクラウドワークスはとても便利です。

 

ますたん
自身で営業を行わずとも、求人のような形で業務が掲載されています♪

 

業務に対して応募を行うことで、契約できるかもしれません。

 

契約できれば仕事として業務を受注することができるのです♪
ますたん

 

2.経費を無視していると

経費を無視していると

 

とにかく仕事を行おうと考えるのは間違いではありません。

 

ますたん
ただし、クラウドワークスを利用することによりかかる経費も存在しています♪

 

仕事を受注していたのにも関わらず、手元に残るお金がわずかでは必死に頑張った意味がありません。

 

業務の全体を把握して経費がどの程度かかるのかを理解しておくことが大切です。

 

3.個人事業主が注意したいクラウドワークスでかかる経費【3選】

個人事業主が注意したいクラウドワークスでかかる経費【3選】

 

個人事業主が注意したいクラウドワークスでかかる経費【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.システム利用料

システム利用料

 

先ずは、システム利用料です

 

クラウドワークスを利用することによる経費と言えます。

 

現状、10万円以下に関しては20%です♪
ますたん

 

俺は思っているよりも高いと思います。

 

また、システム利用料には消費税がかかってくるので注意です。

 

3-2.振込手数料

振込手数料

 

次に、振込手数料です

 

振込手数料は楽天銀行の場合100円、それ以外は500円と言えます。

 

ますたん
振り込んでもらうたびにかかってしまうのであまり業務を行っていなければ、割合的に高く感じるでしょう♪

 

楽天銀行なら100円で済むので便利です。

 

出来る限り経費は節約していきましょう♪
ますたん

 

3-3.その他

その他

 

最後に、その他です

 

ますたん
普段利用しているスマホやパソコンを使う場合、あまり意識しないかもしれません♪

 

ただし、これらも事業として利用するのであれば、事業の経費と言えます。

 

事業を行うからと新たに購入したり、WiFi を速くするために契約を見直したりする場合もあるでしょう♪
ますたん

 

意外とお金がかかったりするかもしれないので注意しなければなりません。

 

経費にする場合には、事業として利用している金額だけしか経費にならないので要注意です。

 

結論:経費は事前に把握する

 

個人事業主が注意したいクラウドワークスでかかる経費【3選】

・システム利用料

・振込手数料

・その他

 

他にもひとりひとり経費として使う部分は異なるでしょう。

 

ますたん
思っていたよりも経費がかかることも想定できます♪

 

クラウドワークス上での事に関わらず、出来る限りかかる経費を想定して余裕をもっておきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Blog(ブログ), Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog