Think(考える)

マーケティングがつまらない人に足りない視点【3選】

 

 

ますたん
マーケティングを勉強しようと思った際に、理解しがたいケースも多いです♪

 

内容が難しく感じてしまいつまらないと感じてしまうこともあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、難しく考えるのではなく簡単に捉えていくことがマーケティングにおけるポイントです。

 

1.マーケティングとは

マーケティングとは

 

マーケティングの定義は、様々なモノを表現するため難しい内容になっています。

 

簡単に言えば、売れるための方法を模索することといえるでしょう♪
ますたん

 

つまり、顧客がどのようなものを欲しがっているのかを考え、どうしたら買ってもらえるのかを考えていくのです。

 

戦略を立てて、分析を行い、正確に実践していく技術が必要と言えます。

 

2.マーケティングは難しい

マーケティングは難しい

 

ますたん
マーケティングの内容は簡単ではありません♪

 

海外で考案されてきたモデルなども多々あり、英語などで表現される場合も多いです。

 

その為、一度覚えたとしてもすぐに忘れてしまったりする場合もあるでしょう♪
ますたん

 

内容を難しく考えてしまいがちですが、簡単に捉えておくのが大切です。

 

3.マーケティングがつまらない人に足りない視点【3選】

マーケティングがつまらない人に足りない視点【3選】

 

マーケティングがつまらない人に足りない視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.行動

行動

 

先ずは、行動です

 

人が商品に対してどのように行動しているのかを考えてみましょう。

 

  • 新商品が出た際にすぐ買う人はどのくらいいるでしょうか
  • セールを行っている時に、セール商品だけを購入する顧客をどのように考えるべきでしょうか

 

このように人の行動に着目してみてください。

 

ますたん
攻防をしているわけではありませんが、どのように動いたら、顧客に商品の魅力が伝わるのかを考えていく必要があるのです♪

 

3-2.必要性

必要性

 

次ぎに、必要性です

 

様々な理論がありますが、なぜそれらの理論が必要だったのでしょうか。

 

必要性について考えることで、大切であることを理解できます♪
ますたん

 

人は大切なことは頭に入ってきますが、大切でなければ考えることを止めてしまいがちです。

 

ますたん
内容を無理に考えるのではなく知的好奇心を駆り立ててみてください♪

 

自ずと理解ができるはずです。

 

3-3.自分

自分

 

最後に、自分です

 

マーケティングを勉強していると、顧客のことについて考えがちと言えます。

 

ですが、自分も顧客であることを忘れないようにしましょう♪
ますたん

 

自分が普段どのような商品を購入し、なぜその商品を購入するに至ったのか。

 

自分のことは自分が一番よくわかるはずです。

 

人のことを考えるよりも自分の行動について考えると、理解しやすくなります。

 

結論:インプットをアウトプット

 

マーケティングがつまらない人に足りない視点【3選】

・行動

・必要性

・自分

 

ますたん
頭に入れるためにインプットするだけでは、最終的には忘れてしまうでしょう♪

 

活用できなければ、退屈に感じてしまうのは言うまでもありません。

 

マーケティングをしっかり活用して、仕事などに活かしていきましょう♪
ますたん

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog