Accounting(会計) Think(考える)

適応力と順応力の違いとは?適応力を鍛える方法【3選】

 

 

ますたん
適応力と順応力どちらも似ている言葉です♪

 

分かりづらいことですが、しっかり覚えていくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、適応力は意識的に順応力は無意識的に、環境に自分を合わせていくないしあっていくことであり、適応力を鍛えていく必要があると言えるでしょう。

 

1.適応力と順応力の違い

適応力と順応力の違い

 

適応力とは周りの環境に意識的に対応していく力です

 

これに対して順応力とは、意識していなくても自分の体がその環境に順応していく力と言えます。

 

順応していく力が強い方は、あまり意識していなくても対応しているため特に困ることはないです。

 

ですが順応力のない方は、適応力を身につけられるように考えていく必要があります。

 

2.どちらを意識する必要があるか

どちらを意識する必要があるか

 

順応力は意識的に行うことではないので、鍛えていくというのは難しいでしょう。

 

適応力を鍛えていくのが正しいです。

 

適応力を鍛えてその考えで行動していけば、習慣として根付いていくことが考えられます。

 

ますたん
自然と対応できる順応力へと変わっていくというのが正しい流れでしょう♪

 

3.適応力を鍛える方法【3選】

適応力を鍛える方法【3選】

 

適応力を鍛える方法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.相手に合わせる

相手に合わせる

 

先ずは、相手に合わせることです

 

適応するためには、相手に合わせていくことが重要と言えます。

 

ますたん
相手が誠実な方には誠実に対応します♪

 

ですが、不誠実な方には気を遣う必要はないということです。

 

不誠実な方にまで誠実で対応すると、誠実な方に意識が遣えません。

 

誠実な方への対応が雑になってしまわぬように意識して行きましょう。

 

ますたん
そのためには、不誠実な方への対応について考えなければいけないのです♪

 

3-2.意見を言う

意見を言う

 

次に、意見を言うことです

 

ますたん
順応するとは相手の言う通りに動けば良いというものではありません♪

 

自分の意見ばっかり言ってはいけませんが、自分の意見が皆にとって正しい結果になると考えられる場合にはしっかり意見を言いましょう。

 

矛盾していると感じたり、最善の方法と考えられない場合には我慢する必要はありません。

 

言うべきところは言うというのも適応力の一つです。

 

3-3.共感力を高める

共感力を高める

 

最後に共感力を高めることです

 

わがままに行動することが癖になっている方は、共感することを覚えなくてはなりません。

 

ますたん
相手の意見が正しいのではないかという視点を持ちましょう♪

 

相手の意見に共感できないのは自分の知識が足りないからという場合も考えられるのです。

 

自分が理解できないからといって、相手が間違ったことを言っていると考えるのは尚早と言えます。

 

結論:適応することは最強である

 

適応力を鍛える方法【3選】

・相手に合わせる

・意見を言う

・共感力を高める

 

どんな場所でも適応力のある人なら生き残っていけます。

 

ますたん
相手に不満を持ち我慢しているとストレスが溜まり、いずれ我慢しきらなくなります♪

 

だからと言って、間違っているから直してくれと相手に頼むことは期待できません。

 

出来る限り自分が対応していけるように変化を加え、最終的には順応力として意識せずとも円滑に進められるように成長していく必要があるのです。

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog