Think(考える)

目を引くチラシ広告の作り方のコツ【3選】

 

 

未だに活用されている広告の方法としてチラシ広告があります。

 

ますたん
うまく活用していくことで顧客に対して適切なアプローチをすることができるでしょう♪

 

チラシ広告を作る際のコツを意識しながら作っていく必要があります。

 

結論

結論から言えば、伝えたい内容を端的に、デザインも重視していくことが大切です。

 

1.チラシ広告とは

チラシ広告とは

 

チラシを作成して広告していく方法です。

 

スーパーなどから、自宅に安売りの内容などがチラシとして届いていた経験のある方も多いでしょう♪
ますたん

 

チラシはいつでも見返すことができます。

 

ますたん
適切にアプローチすることができれば効果的な販促になるでしょう♪

 

2.チラシ広告以外も検討

チラシ広告以外も検討

 

昨今においては広告方法が多様にあります。

 

チラシ広告は昔からチラシを見る週間のある年代の方々に効果が見られるでしょう♪
ますたん

 

一方で若者などはインターネットやSNSを通じて情報を集めています。

 

ターゲットの顧客層に対して的確にアプローチする必要があるのです。

 

3.目を引くチラシ広告の作り方のコツ【3選】

目を引くチラシ広告の作り方のコツ【3選】

 

目を引くチラシ広告の作り方のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.タイトル

タイトル

 

先ずは、タイトルです

 

何のチラシなのかタイトルを明確にしましょう。

 

タイトルが目を引くものでなければ、内容を見てもらうことすらできません。

 

面白いタイトルだと見てもらえる可能性が高まります。

 

ますたん
一方で相手に対してチラシの内容を的確に伝えるタイトルにする必要があるでしょう♪

 

3-2.内容を端的に

内容を端的に

 

次に、内容を端的にです

 

タイトル同様内容についても伝えたいことをピックアップしておきましょう♪
ますたん

 

書きながら考えていると何が伝えたいのかわからない文章ができてしまいます。

 

ますたん
ピックアップした伝えたい内容を基準にして行くと良いです♪

 

顧客の頭に残るように端的に伝えていくことが大切と言えます。

 

3-3.デザイン

デザイン

 

最後に、デザインです

 

白黒で文字だけのチラシは面白味に欠けます♪
ますたん

 

いかに楽しくチラシを見てもらえるかがポイントです。

 

ますたん
デザインに凝りながら、楽しく見やすい広告を作成していく必要があります♪

 

様々なチラシを事前に見ておくと良いかもしれません。

 

結論:伝えたい内容とデザイン

 

目を引くチラシ広告の作り方のコツ【3選】

・タイトル

・内容を端的に

・デザイン

 

伝えたい内容をどのように伝えるのかはもちろん大切です。

 

一方で楽しく見てもらえるようにデザインに凝る必要もあります♪
ますたん

 

伝えたい内容を端的に、顧客の頭に残していくことが大切です。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog