(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【簿記】勉強しても忘れてしまう時の対処法【3選】

 

 

簿記を勉強している人は知識が忘却の彼方へ消えていくのを知っているはずです。

 

ますたん
彼らは直ぐにいなくなります♪

 

そこで対策を講じていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、簡単かつ普遍的にしていく勉強法が重要と言えます。

 

1.簿記を勉強しても忘れてしまう

簿記を勉強しても忘れてしまう

 

簿記の知識は試験日までに頭のなかに詰め込まなければなりません。

 

ですが、勉強を積み重ねても前に勉強をしたことを忘れてしまいがちです♪
ますたん

 

このエンドレスストーリーに終止符を打ちたくなるでしょう。

 

覚えては忘れて覚えては忘れてを繰り返していると嫌気がさしてしまうのです。

 

2.詳細で範囲が広い

詳細で範囲が広い

 

ますたん
ではなぜ簿記は忘れてしまいがちなのでしょうか?

 

内容が細かく範囲が広いことが言えます。

 

また、初学者の頃は覚えることが多く、別のことを覚えている間に前覚えたことを忘れてしまいがちなのです。

 

徐々に覚えていけますが、どうしたら少しでも忘れずらくして勉強していけるのか考えていきましょう。

 

3.【簿記】勉強しても忘れてしまう時の対処法【3選】

【簿記】勉強しても忘れてしまう時の対処法【3選】

 

【簿記】勉強しても忘れてしまう時の対処法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.頻度

頻度

 

先ずは、頻度です

 

見る・書く・読むこれらの頻度を増やすのが大切と言えます♪
ますたん

 

「なんだ当然じゃん」と思うかもしれませんが、思っているほど簡単ではありません。

 

ますたん
実際にあなたは前回勉強したページを次いつ開いているでしょうか?

 

勉強を継続していると気づいたら1カ月くらい見ていないことも少なくありません。

 

多くのページに触れられる環境をつくっていきましょう♪/st-kaiwa1]

 

3-2.問題を解く

問題を解く

 

次に、問題を解くです

 

[st-kaiwa1]覚えていく場合にはテキストで典型的な仕訳を覚えることを考えるかもしれません♪

ますたん

 

ですが、それで覚えられない場合には実際に問題を解くこともひとつの手です。

 

問題を解くに当たっては知識を必要としますが、感覚で解いていくこともあります♪
ますたん

 

この感覚で身につけてから、内容を振り返ってみることも勉強方法のコツです。

 

なぜなら、内容を覚えていなくても感覚で解けてしまえば点数になり合格してしまうかもしれません。

 

3-3.継続

継続

 

最後に、継続です

 

ますたん
これを言っては元も子もない感じはありますが、継続に勝るものはないでしょう♪

 

間が空いたとしても継続さえしていれば、徐々に知識は定着していきます。

 

日々コツコツ勉強を積み重ねていけば、結果は徐々にでてくるでしょう。

 

知識を定着させるためには方法を考えていく必要はありますが、愚直に勉強をするしかないのは言うまでもありません。

 

結論:焦る必要はない

 

【簿記】勉強しても忘れてしまう時の対処法【3選】

・頻度

・問題を解く

・継続

 

焦ってしまうとなにも頭に残らない可能性すらあります。

 

少しづつ少しづつ覚えていきましょう♪
ますたん

 

触れる頻度を高めて、問題を解いたりしていると気付いた時には頭に入っているはずです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog